建学の精神

 

photo.jpg 1900(明治33)年、創立者西澤之助は私財を投じて日本女学校を設立しました。

我が国が明治維新を機に欧化するなかで、欧米社会に伍する経済国家を建設するには、国民の半分を占める女性が、古来からの婦道の真髄である「高潔善美」を堅持し、最高の高等教育を受けるべきであると考え、自立した女性を育成するために設立したものです。西は日本の女子の修養に関する談話の中で、「固き心を以て、やさしき行いをせよ」と説きました。その後、西は帝国女子大学の設立を願い出ましたが、女子大学の名称を用いることは、当時はまだ認められなかったことから、1909(明治42)年に、全国で4番目の女子の専門学校となる帝国女子専門学校を設立するに至ったのが、相模女子大学の前身です。


関連リンク