大学の概要 カリキュラムツリー

栄養科学研究科

栄養科学研究科のカリキュラムツリー

本研究科では、「栄養学、医学・生物科学、食品科学などの成果を融合し、ヒトを個体としてのマクロな生命体、および細胞・分子レベルで見たミクロな生命体という双方向から捉え、探究する目を養う」ことを目的とし、栄養科学の基礎領域から専門領域へ発展的に移行できるように科目を配当している。具体的には、大学院入学直後の1セメスターに「栄養科学総論」を配当し、すべての専門分野の教員が参加するオムニバス科目として、大学院での研究のあり方や研究倫理についての基本的な講義を行い、研究生活の基本的な知識を修得させる。その後、栄養生理領域、病態栄養領域、保健栄養領域、食品栄養領域、および共通領域の科目を1~2セメスター中心に配当し、マクロ的・ミクロ的な視点から各分野の幅広い知見を学びつつ、各指導教員のもとで、専門領域の研究に従事する。2~4セメスターには「総合栄養科学特論」および「生命栄養科学特論」を配当し、学内外の講師による専門的な講義を行って議論を深め、発展的な知識を修得させる。並行して学位論文の作成を進め、最終的に論文審査および公聴会での発表を通して、学位取得と同時に「生命科学の視点から人々のQOLの向上を目指し、健康の保持・増進及び疾病の予防・治療に貢献する、栄養科学の専門家・研究者」として自立できるように構成している。


※画像をクリックするとPDFファイルが開きます

71_curriculum_tree.jpg


関連リンク