研究助成 アスベスト障害予防研究センター

アスベスト中皮腫予防研究会~STOP~

~お知らせ~

当センターは当初の役割であった問題提起の段階を終えて、2012年3月31日をもって発展的に解消しました。今後は、樋野興夫氏(順天堂大学医学部 病理・腫瘍学教授)の主宰する全国的な組織である、「次世代の環境発がんを考える会」に活動を組み入れることとなりました。

今後のお問合せ先
・安達修一(栄養科学部管理栄養学科教授、栄養科学研究科長):042-742-1469
次世代の環境発がんを考える会

 


【通称】STOP STuday group Of mesothelioma Prevention

設立の趣旨

中皮腫はアスベストを吸い込むことによって起こるがんの一種であり、現在のところ、診断と治療の最も難しいものの一つであるといわれています。アスベストを取り扱った経歴や吸い込んでしまった事故があっても、中皮腫の発症までには30年から50年の長い潜伏期間があり、そのためにアスベストは「静かな時限爆弾」とも呼ばれています。本会は、その様な深刻かつ今後の増加が確実視されている中皮腫に対して、今のところ予防手段が知られていないことから、予防法を見出して検証し、中皮腫をはじめとするアスベストによる健康被害を減らしていくことを目標に活動します。

事務局

相模女子大学 アスベスト障害予防研究センター
代表 安達修一