同窓会(翠葉会) 同窓会の紹介

組織

同窓会組織図

alumni_org_img.jpg

本会は相模女子大学同窓会(翠葉会)と称し、相模女子大学翠葉会館内に事務所を置く。

目的

会員相互の親睦をはかり、母校の発展に尽力し、併せて社会に貢献する。

事業

会誌および図書等の刊行ならびにホームページによる情報公開。
講演会、観劇会、講習会、見学会およびカムバックキャンパスなどの開催。
その他本会の目的を達成するために必要と認めた事業。

会員

  1. 帝国女子専門学校並びに相模女子大学および相模女子大学短期大学卒業生。相模女子大学大学院修了生。
  2. 中退者にして理事会の決議により入会を許可されたもの。
  3. 準会員(在学生)
  • 会員は氏名、住所、卒業年、科別、職業を届け、移動の場合にも届ける事。
  • 会費(入学時・終身)を納入する。

運営組織

同窓会(翠葉会)は、理事18名以内(内、会長1名、副会長2名)による理事会と代議員会(クラス委員・支部会委員)によって構成されています。理事会活動は、組織部、文化部、事業部の3部門を核として、各理事がそれぞれ1つの部門を担当し行っております。

会長

田中 百子(昭和43年 学芸学部 食物学科卒業)

部門の役割

活動
組織部 同窓会組織の拡充、支部会活動の支援。
文化部 会誌「翠葉」の発行、寄付蔵書の管理。
事業部 文化教室事業と運営、バザー開催など。