グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  在学生の皆様へ >  学生生活支援 >  健康管理

健康管理



保健センターについて

保健センターには看護師または保健師がおり、学生のみなさんが健康でいきいきとした学生生活を過ごすことができるようにサポートしています。

保健センターの理念

「学生のみなさんが自らの健康を保ち、また改善できるような行動がとれる」ように支援することが、保健センターの役割と考えています。学生生活は数年と短いですが、みなさんの人生はこれから先も続いていきます。10年後、20年後、30年後…と将来を考えた健康管理を目指しています。

保健センターの日常

学生のみなさんは、思春期から青年期に移行するとても重要な時期にいます。数年で社会にでなければならず、いろいろと悩む時期です。社会で生きていくためにはど のようなことが必要なのかを一緒に考えます。体調が不調だと、いろいろな摩擦がでてきます。体調を整えるために、学生みなさん自身が行動に移すことができ るようサポートしています。また、学校医(内科医)、精神科医による学生みなさんの相談にも応じていますので、お気軽に保健センターまでお問い合わせください。(※要予約)

連絡先

042-747-9072 または 042-747-9583

保健センターの利用について

利用時間・場所

利用時間 月曜日~金曜日:9時00分~18時00分
土曜日:9時00分~12時30分
場所 マーガレットホール 3階

校医

校医(内科) 1名 (非常勤) ※要予約
精神科医 1名 毎週水曜日 ※要予約
保健師・看護師 2名 (常駐) -

健康相談

月経、性感染症、熱中症、応急手当、低体重・肥満、こころに関することなど、個別での健康相談を行っています。
健康相談を通して、自分のからだやこころに関心を持ってもらうことを目的としています。

保健センターだより

保健センターでは、みなさんへの大切なメッセージとして、毎月「保健センターだより」の掲示を行っています。テーマは、性感染症予防、頭痛、デートDV、インフルエンザ、むし歯の予防、アルコール、禁煙、薬物乱用防止…など、さまざまです。

定期健康診断

健康診断の実施は、法律で定められています。必ず毎年受けましょう。
詳しい日程は掲示板等でお知らせします。健康診断の結果によっては、呼び出しの掲示をしますので、注意して見てください。
定期健康診断を受けられなかった場合は、6月末日までに医療機関で健康診断を受け、診断結果を保健センターに提出してください。その際の費用は自己負担となります。
進学・就職・教育実習・栄養実習・保育実習等に健康診断証明書が必要になりますが、健康診断を受けていないと発行できません。

保険について

遠隔地被保険者証

遠隔地被保険者証(健康保険証)の交付を受けておきましょう。
保健センターでの応急処置は無料ですが、医療機関を受診する場合は自己負担になります。また、健康保険証がないと全額自己負担になります。
実家が遠い場合は在学証明書を保証人に送り、遠隔地被保険者証の手続きをしましょう。

学生教育研究災害傷害保険

本学では、全学生を対象とした公益財団法人日本国際教育支援協会の「学生教育研究災害傷害保険」に加入しています。(保険料は大学負担)。この保険は「教育研究活動中」に生じた事故によって身体に傷害を被った場合、学生に支払われるものです。
事故が発生したら保健センターに報告し、「事故発生報告書」の記入をします。その際に渡す「事故通知はがき」を30日以内に保険会社へ郵送してください。その後の手続きは、保険会社の指示に従ってください。保険金は保険会社から学生本人または保護者の銀行口座へ振り込まれます。
★詳細については、入学時配付の『学生教育研究災害傷害保険加入者のしおり』を参照してください。

感染症にかかったら

学校保健安全法施行規則に定める感染症にかかった場合

学校保健安全法施行規則に定める主な感染症にかかった場合は、治癒するまでの間、出席停止となります。

新型コロナウイルス感染拡大防止対応について

  • 新型コロナウイルス感染症と診断された場合は速やかに大学保健センターへ電話連絡してください。(濃厚接触の場合も含む)
  • 診断を受けた場合「第1種・指定感染症」扱いとなり治癒するまで登校することはできません。必ず医師の指示に従ってください。
  • ご自分のお住いの近くの保健所へ連絡し、その指示に従ってください。
  • 濃厚接触者となった場合、最終接触日から14日間登校停止となります。
  • 大学内での感染拡大防止の観点からご理解のほどよろしくお願いいたします。

*Smile Sagamiから配信されている新型コロナウイルス感染症への対応についての内容も必ず確認してください。

感染が確認された場合は、速やかに保健センターに連絡をしてください。
連絡先: 042-747-9072、042-747-9583

完治後の手続きについて

新型コロナウイルス感染症につきましては現在大学で協議しております。決まり次第お知らせします。
(1)インフルエンザの場合
  1. いつから登校するかを、保健センターに電話連絡する
  2. インフルエンザ治癒報告書を保健センターに提出する(印鑑・薬の説明書等受診したことがわかるものを持参)
  3. 保健センターが「インフルエンザ治癒報告書」を確認し、「出席停止報告書」を発行する
  4. 「出席停止報告書」を学修・生活支援課に提出する
  5. 学修・生活支援課の受付印が押された「出席停止報告書」を履修科目数分コピーし、速やかに科目担当教員に提出する
(2)インフルエンザ以外の場合
  1. 感染症登校許可証明書」を印刷し、医師に必要事項を記入・押印してもらう(医療機関の診断書でもよい)
  2. いつから登校するかを、保健センターに電話連絡する
  3. 記入・押印済みの「感染症登校許可証明書」または医療機関の診断書を保健センターに提出する(印鑑持参)
  4. 保健センターが「感染症登校許可証明書」または医療機関の診断書を確認し、「出席停止報告書」を発行する
  5. 「出席停止報告書」を学修・生活支援課に提出する
  6. 学修・生活支援課の受付印が押された「出席停止報告書」を履修科目数分コピーし、速やかに科目担当教員に提出する

その他

「出席停止報告書」の提出が遅れた場合は、無効(欠席扱い)となることがありますので、注意してください。
「感染症登校許可証明書」は必ずしも本学所定の様式である必要はありませんが、次の項目を含む必要があります。
  • 感染症名
  • 登校禁止期間
  • 登校許可日
  • 医療機関名
  • 医師名
参考:学校保健安全法施行規則に定める主な感染症
感染症名
第一種 エボラ出血熱 等
新型コロナウイルス(COVID-19)
第二種 インフルエンザ(鳥インフルエンザ(H5N1)を除く)
百日咳
麻しん(はしか)
水痘(水ぼうそう)
風しん(三日ばしか)
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)
咽頭結膜熱(プール熱)
結核
髄膜炎菌性髄膜炎
第三種 流行性結膜炎 等
その他 溶連菌感染症 <出席停止期間>
症状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めるまで
マイコプラズマ肺炎
感染性胃腸炎
A型肝炎
ノロウィルス
サルモネラ感染症
カンピロバクター感染症
インフルエンザ菌感染症
肺炎球菌感染症

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。


ページの先頭へ戻る