グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  在学生の皆様へ >  学生生活支援 >  健康管理

健康管理



保健センターについて

学生のみなさんが健康でいきいきとした学生生活を過ごすことができるようにサポートしています。

保健センターの理念

「学生のみなさんが自らの健康を保ち、また改善できるような行動がとれる」ように支援することが、保健センターの役割と考えています。学生生活は数年と短いですが、みなさんの人生はこれから先も続いていきます。10年後、20年後、30年後…と将来を考えた健康管理を目指しています。

保健センターの日常

学生のみなさんは、思春期から青年期に移行するとても重要な時期にいます。数年で社会にでなければならず、いろいろと悩む時期です。社会で生きていくためにはど のようなことが必要なのかを一緒に考えます。体調が不調だと、いろいろな摩擦がでてきます。体調を整えるために、学生みなさん自身が行動に移すことができ るようサポートしています。また、学校医(内科医)、精神科医による学生みなさんの相談にも応じていますので、お気軽に保健センターまでお問い合わせください。(※要予約)

連絡先

042-747-9072

保健センターの利用について

利用時間・場所

開室時間 ■月曜日~金曜日 9:00~18:00
(授業・テスト期間外 9:00~17:00)
■土曜日 9:00~12:30
連絡先 042-747-9072(直通)
場所 マーガレットホール 3階

スタッフ

校医(内科) 1名 金曜日(非常勤)*1~2回/月 来室日要確認
精神科医 1名 水曜日(要予約)*授業期間中のみ 
保健師・看護師 2名 常駐(授業・テスト期間外は1名)

健康相談

月経、性感染症、熱中症、応急手当、低体重・肥満、こころに関することなど、個別での健康相談を行っています。
健康相談を通して、自分のからだやこころに関心を持ってもらうことを目的としています。

保健センターだより

『保健センターだより』のテーマは、新型ウイルスやインフルエンザ、ノロウイルスなどに関する感染症対策、生理痛、デートDV、アルコール、禁煙、薬物乱用防止・・・など様々です。
最新の情報とともにみなさんへ大切なメッセージとしてお伝えしています。

定期健康診断

健康診断の実施は、学校保健安全法で定められています。必ず毎年受けましょう。詳しい日程はSmile Sagamiでお知らせします。健康診断の結果によっては呼び出しを行います。Smile Sagamiの個人宛てお知らせを確認してください。
定期健康診断を受けられなかった場合は、大学で指定された日までに医療機関で健康診断を受け、健診結果を保健センターに提出してください。その際の費用は自己負担となります。進学・就職・教育実習・栄養実習・保育実習等に健康診断証明書が必要となりますが、健康診断を受けていない場合は発行できません。

感染症対策について

保健センターでは学校感染症の予防対策を行っています。
出席停止となる学校感染症と診断された場合は、主治医の指示を守って治療をすること、感染症の拡大を防ぐために関係各所に連絡すること、が必要となります。ご協力をお願いします。

新型コロナウイルス感染拡大防止対応について(COVID-19)

  • 手洗い・手指消毒、マスク着用や咳エチケットなどの基本的な感染予防対策を実施してください。
  • 発熱や咳、味覚障害など、COVID-19を疑う症状がある場合は、登校を控えてください。
  • COVID-19と診断、もしくは濃厚接触者となった場合は、速やかに保健センターへ連絡してください。
  • 診断を受けた場合「第1種・指定感染症」扱いとなり、保健所の指示する期間の療養が必要です。出席停止となり登校は出来ません。
  • 大学内での感染拡大防止のため、ご理解とご協力をお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症にかかる報告について

新型コロナウイルス感染症の診断を受けた方、保健所から濃厚接触者に特定された方感染の疑いがある方は速やかに報告をお願いします。報告は「新型コロナウイルス感染報告フォーム」の利用、または保健センターへ電話での報告をお願いします。
報告後は必要時保健センターより状況確認の連絡をさせていただきます。

■新型コロナウイルス感染報告フォーム 
https://req.qubo.jp/sagami-wu/form/coronareport

■保健センター連絡先
042-747-9072 

■保健センター受付時間
[平日]9:00~17:00
[土曜]9:00~12:00

窓口休止中(冬期休業期間含む)は電話での対応ができません。
報告は「新型コロナウイルス感染報告フォーム」の利用をお願いします。
電話でのお問い合わせは窓口受付時間内にお願いいたします。

※報告された情報は新型コロナウイルス感染症に関する本学での必要な対応のみに使用いたします。

感染症による出席停止について

学校保健安全法で定められた感染症(表)に罹患または罹患した疑いがある場合、大学内での感染拡大予防のため出席停止となります。
また、COVID-19の濃厚接触者に該当する場合も出席停止となります。
■学校感染症の種類と出席停止期間(学校保健安全法施行規則第18条)
感染症名 出席停止期間
第一種感染症 COVID-19、エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱、急性灰白髄炎、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群、中東呼吸器症候群、特定鳥インフルエンザ 治癒するまで
第二種感染症 インフルエンザ(特定鳥インフルエンザを除く)、百日咳、麻しん、流行性耳下腺炎、風しん、水痘、咽頭結膜熱、結核 及び 髄膜炎菌性髄膜炎 下記参照(※)
第三種感染症 コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス、流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎、その他の感染症 学校医その他の医師において伝染のおそれがないと認めるまで

(※)第二種感染症の出席停止期間について
感染症の種類 出席停止期間
インフルエンザ 発症した後5日を経過し、かつ、熱が下がってから 2日経つまで
百日咳 特有の咳が消失するまで、または 5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで
麻しん(はしか) 解熱後 3 日を経過するまで
流行性耳下腺炎 (おたふく) 耳下腺、顎下腺または舌下腺の腫脹が発現した後、5 日を経過し、かつ全身状態が良好になるまで
風しん 発疹が消失するまで
水痘 (みずぼうそう) すべての発疹が痂皮化するまで
咽頭結膜熱 主要症状消退後 2 日を経過するまで
結核 医師により感染の恐れがないと認めるまで
髄膜炎菌性髄膜炎 医師により感染の恐れがないと認めるまで

療養後の手続きについて

出席停止期間を終え再登校する場合は、以下の書類を保健センターに提出してください。
(1) COVID-19感染・濃厚接触者となった場合
■入院の場合
「感染症登校許可証明書」または、入院したことが分かる内容の書類(退院証明書など)
■自宅・宿泊療養の場合
保健所・自治体などが発行する「宿泊・自宅療養証明書」または、療養期間が分かる内容の書類
■濃厚接触者の場合
自宅待機期間中(14日間)の健康観察票(体温、COVID-19症状の有無をチェックしたもの)

(2)インフルエンザの場合
インフルエンザ治癒報告書
(印鑑・薬の説明書など受診したことが分かるものを持参)

(3)その他の感染症
感染症登校許可証明書」または医療機関の「診断書」

(4)出席停止により必要な講義を受講できなかった場合
保健センターで『出席停止報告書』を発行しますので、上記①~③の該当する書類と印鑑を持参し保健センターへ来てください。
*オンライン授業参加可能な場合は出席停止手続きが不要な場合があります。詳しくは保健センターへお問い合わせ下さい。

保険について

遠隔地被保険者証

遠隔地被保険者証(健康保険証)の交付を受けておきましょう。
保健センターでの応急処置は無料ですが、医療機関を受診する場合は自己負担になります。また、健康保険証がないと全額自己負担になります。
実家が遠い場合は在学証明書を保証人に送り、遠隔地被保険者証の手続きをしましょう。

学生教育研究災害傷害保険

本学では全学生を対象とし、公益財団法人日本国際教育支援協会の「学生教育研究災害傷害保険」に加入しています。(保険料は大学負担)。この保険は「教育研究活動中」に生じた事故によって身体に傷害を被った場合、学生に支払われるものです。
事故が発生したら保健センターに報告し、「事故発生報告書」の記入をします。その際に渡す「事故通知はがき」を30日以内に保険会社へ郵送してください。その後の手続きは、保険会社の指示に従ってください。保険金は保険会社から学生本人または保護者の銀行口座へ振り込まれます。
  • 詳細については、入学時配付の『学生教育研究災害傷害保険加入者のしおり』を参照してください。
  • 個人で任意加入する学生総合保険などについては大学への申請は不要です。ご自身で保険会社に問い合わせをお願いします。

ページの先頭へ戻る