グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  大学からのお知らせ >  【夢をかなえるセンター】第7回 相模女子大学プレゼンツ“シネマ&トーク”『F(エフ)』開催のお知らせ

【夢をかなえるセンター】第7回 相模女子大学プレゼンツ“シネマ&トーク”『F(エフ)』開催のお知らせ


2023年1月16日
2023年2月17日(金曜日)、相模女子大学グリーンホール・多目的ホールにて『第7回 相模女子大学プレゼンツ“シネマ&トーク”』を開催します。本公演では、本学の客員教授である金子修介氏が監督を手掛けた映画『F(エフ)』を上映します。上映後は、金子監督ならびに女優の羽田美智子さん(同作品主演)をゲストにむかえ、映画撮影時のエピソード等をテーマに対談します。
一般公開で、どなたでも無料でご参加いただけます。入場整理券をお求めのうえ、是非足をお運びください。

公演内容について

日程 2023年2月17日(金曜日)
開場時間 17:30/開演時間 18:00/終演時間 21:00
*当日の進行状況等により多少時間が前後する可能性があります。
場所 相模女子大学グリーンホール・多目的ホール
出演者 金子修介(相模女子大学客員教授、映画監督)、羽田美智子(主演女優)
内容 1.金子修介氏監督作品『F(エフ)』上映
2.金子修介氏・羽田美智子さん対談
対象 どなたでもご参加いただけます
入場料 無料(自由席・要整理券)
整理券 2023年1月18日(水曜日)より配布
相模女子大学グリーンホール受付窓口、相模原南市民ホール、おださがプラザにて配布(お一人様2枚まで)
主催 相模女子大学
共催 相模原市民文化財団
企画協力 相模女子大学 学芸学部 メディア情報学科

出演者情報

金子修介プロフィール
映画監督、相模女子大学客員教授。
監督作品に『毎日が夏休み』『平成ガメラ3部作』『デスノート』『百年の時計』ほか、ヒット作・話題作多数。2022年、『信虎』(宮下玄覇と共同監督)でマドリード国際映画祭外国語映画部門最優秀監督受賞。

羽田美智子プロフィール
俳優。茨城県出身。
主な出演作として『特捜9』シリーズ、『おかしな刑事』シリーズ、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』、『花嫁のれん』シリーズ、『#コールドゲーム』など。‟美と健康”をテーマにしたネット上のセレクトショップ『羽田甚商店』の店主も務めている。

『F(エフ)』作品情報

©1998松竹株式会社/松竹ブロードキャスティング株式会社

本当に好きな人に告白もできず、なれ合いの恋を続けている、恋愛において落第点FのOLの姿を描いたロマンティック・コメディ。監督は「学校の怪談3」の金子修介。鷺沢萠による原作を、新人・松尾奈津と金子が共同脚色。撮影を「東京日和」の佐々木原保志が担当している。
主演は「瀬戸内ムーンライト・セレナーデ」の羽田美智子と、ロイヤルバレエ団で日本人初のプリンシパルとなった熊川哲也。
(松竹株式会社作品データベースより:https://www.shochiku.co.jp/cinema/database/04499/



ページの先頭へ戻る