グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  本学の特徴 >  子育て支援センター >  子育て支援事業

子育て支援事業


子育て支援事業として、現在、幼児発達体操、音楽療法、プレイセンター活動を行っています。
*「幼児発達体操(春学期)」と「音楽療法みんみん♪セッション(第1回)」は中止いたします。

幼児発達体操(申込み制)

子どもの発達段階に合わせて感覚運動プログラムを行い、環境に対する適切な行動、運動、学習能力などを向上させます。対象年齢は、生後6ヶ月から3歳。
子どもの発達段階に合わせてベビーマッサージのプログラムを行い、赤ちゃんの精神の安定と心身の発達を促し、親子のきずなを深めます。対象年齢は6ヶ月から1歳半位。

毎週月曜日 15:00~16:20
毎週月曜日 13:30~14:30
*春学期は中止いたします。

子どものための音楽療法(申込み制)

音楽を通して楽しみながら集団に参加し、同年代の仲間とのコミュニケーションを図ります。

5月、9月、11月、2月
*第1回音楽療法 みんみん♪セッションは中止いたします。

オープンカフェ(申込み制)

子育てについて自由に語り合う場です。日常から少し離れて、緑豊かなキャンパスの中で、「子育て」「心の成長」「自分の中の子ども」について、オープンに対話しませんか。臨床心理学の専門家と共に語り合いましょう。

休止中

お父さん・お母さんのための子育て応援♪音楽療法(申込み制)

ドイツ生まれの療法「調整的音楽療法」をお子さん同伴でも参加しやすい形に変更して行います。近年ストレスマネジメントに効果があると注目されているマインドフルネスの技法のひとつです。音楽を聴いたり、楽器を鳴らしたりする中で、自分自身の身体からのメッセージ や心の声に耳を傾け、起こっていることをありのままに受けとめてみましょう。その後分かち合いをして、日々のストレスに上手に対処する力を養います。 「イライラしがち」「頭痛や肩こりが多い」「ネガティブになりがち」「寝つきが悪い」といった方にもお勧めです。

秋学期:毎週月曜日
10時45分~12時00分

プレイセンター活動

ニュージーランド起源の「子育て相互支援」活動を、子育て中の父母と子ども教育学科の学生との協働で展開しています。「セッション(子どもたちとの「遊び」の共有)」と「ワークショップ(子育てに関する相互学習会)」を二本柱とし、支え合い、学び合い、育ち合いを実践中です。
春学期:(4月~7月)
毎週月曜日 10時40分~12時10分
毎週水曜日 10時40分~14時10分

秋学期:(9月~12月)
毎週金曜日 16時20分~17時50分

女性のためのアサーティブトレーニング(申込み制)

仕事でも、家庭でも、地域でも、まわりの人たちと、いい関係を保っていられたらいいですね。でも「意見の違いから衝突する」「傷つけられたと感じる」「心に溜まるような不満を抱えてしまう」こともあります。自分の気持ちを素直に伝え、相手との関係を築いていくためのコミュニケーションについて学び、実践していきます。

2020年2月5日(水曜日)
2020年2月12日(水曜日)

赤ちゃんがきた!BP1プログラム

赤ちゃんは可愛いけれど、育児は大変!初めての子育てに不安や戸惑いを感じていませんか?
このプログラムは、0歳児を育てている新米ママが、赤ちゃんと一緒に参加する講座です。子どもの心身の発達の仕方や、それに応じた子どもとのかかわり方を、参加者同士で交流しながら楽しく学びます。
育児の困りごとや迷いなどを話し合いながら、少し先を見通した子育てに必要な知識や親の役割を学んでみませんか?

2020年1月27日(月曜日)
2020年2月3日(月曜日)
2020年2月10日(月曜日)
2020年2月17日(月曜日)

10時30分~12時30分
(開場:10時00分)

ページの先頭へ戻る