グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  教員紹介 >  人間心理学科 >  日戸 由刈

日戸 由刈


Nitto Yukari

所属・職位:人間心理学科 教授
専門分野及び関連分野:障害者障害児心理学(専門は自閉スペクトラム症)、心理的アセスメント

最終学歴 筑波大学大学院 修士課程教育研究科 障害児教育専攻 修了
学位 種類:博士(教育学)
授与大学:東京学芸大学(論文博士)
職歴 社会福祉法人横浜市リハビリテーション事業団 横浜市総合リハビリテーションセンター 発達精神科外来にて、20年間心理士として勤務した後、同センター児童発達支援事業所「ぴーす新横浜」園長
所属学会 日本発達心理学会、日本LD学会、日本コミュニケーション障害学会、日本発達障害学会


授業

障害者障害児心理学

神経多様性という考え方をベースとしたインクルーシブな社会の実現に向けて、それぞれが障害のある人々とどのように関わるべきかを考えます。

心理的アセスメント

知的障害や発達障害の人たちを対象とする代表的な知能検査や適応行動尺度などの演習を交え、包括的アセスメントおよび支援計画立案ための方法を学びます。

研究テーマ

  1. 自閉スペクトラム症(ASD)児者同士の仲間集団が社会性の発達とQOLに及ぼす影響
  2. 自閉症のコミュニケーション障害に対する自閉的共感の多角的検討
  3. 共生社会の実現に向けた、知的障害者等への生涯学習プログラムの実践研究~大学との連携による「インクルーシブな学び」創成の試み~
  4. 保健・福祉・医療のネットワークを活用した発達障害の「グレーゾーン」の子どもの保護者支援に関する研究

研究業績

区分 単/共 著書・論文名等 発行所・掲載誌等 発行等年
学術論文以外の文筆活動 共著 令和元年度 文部科学省 「障害者の多様な学習活動を総合的に支援するための実践研究」委託事業 「共生社会の実現に向けた、知的障害者等への生涯学習プログラムの実践研究 ~大学との連携による「インクルーシブな学び」創成の試み~」報告書 報告書 pp.58-70. 2020
学会発表 共同 分科会:「高等」教育におけるインクルージョン(シンポジウム) 文部科学省事業「共に学び、生きる共生社会 コンファレンス in 関東甲信越ブロック」 2020
学会発表 共同 ポスター発表:学齢期のASD児同士で雑談は楽しめるのか?-「ある・ある!タイム」の会話分析を通じて- 日本発達心理学会第31回大会(関西) 2020
学会発表 共同 ポスター発表:知的発達に遅れのない学齢期の自閉スペクトラム症児における適応行動-その2:幼児期から診断および支援を受けている小学生群の実態- 日本発達心理学会第31回大会(関西) 2020
学会発表 共同 自主ラウンドテーブル:ASD児同士のコミュニケーション-神経多様性と自閉的共感性の視点から- 日本発達心理学会第31回大会(関西) 2020
学術論文 単著 ライフステージを見通してよりよく生きていくために必要な支援とは何か LD ADHD & ASD pp.14-17. 2019
学術論文 共著 ASD児者の仲間・友人関係に関するライフステージを通した臨床的検討-発達障害同士の集団への所属歴が社会的転帰に及ぼす影響- 東京学芸大学紀要 総合教育科学系Ⅰ,第70集 pp.499-509. 2019
学会発表 共同 公開シンポジウム:自閉スペクトラムの科学的支援にむけて 日本心理学会公開シンポジウム(東京) 2019
学会発表 共同 自主シンポウム:共生社会の実現に向けた知的障害者等への生涯学習プログラムの実践研究
~大学との連携による「インクルーシブな学び」の創生の試み~
日本LD学会第28回大会(東京) 2019
学会発表 共同 啓発フォーラム:発達障害の人たちの心豊かな生活を考える 発達障害啓発フォーラム(特定非営利活動法人ネスト・ジャパン主催 社会福祉法人緑の風共催) 2019
学術論文以外の文筆活動 単著 近年の子ども・若者にみられる仲間・友人関係のかたち 人間社会研究16 pp.3-8. 2019
学会発表 共同 自主シンポジウム:自閉スペクトラム症の人たち同士の小集団の可能性と課題-臨床家の視点と当事者の視点からみる社会参加と精神的健康に与える効果 日本発達心理学会第30回大会 2019
学会発表 共同 自主ラウンドテーブル:自閉症スペクトラム児のキャリア発達支援-小集団指導の意義と効果 日本発達心理学会第30回大会 2019
学会発表 共同 ポスター発表:知的遅れのない学齢期の自閉スペクトラム症児における適応行動-その1:学齢期前半(小学生)と後半(中学生・高校生)の比較 日本発達心理学会第30回大会 2019
学会発表 共同 自閉スペクトラム児における会話の特性-自然な会話での会話の関連性と会話検査との分析を中心に 日本発達心理学会第30回大会 2019
学術論文 共著 自閉スペクトラム症の治療における対人関係の活用 精神科治療学33(4) pp.489-494. 2018
学術論文 単著 発達障害の人たちに対するライフステージを通じたキャリア発達支援 キャリア発達支援研究5 pp.37-42. 2018
学術論文以外の文筆活動 単著 自閉スペクトラム症の人たちへの集団での余暇活動支援のポイント-学齢期、そして幼児期の実践を通じて 特別支援教育研究733 pp.29-31. 2018
学術論文以外の文筆活動 共著 座談会:青年期の多様な役割を踏まえて取り組むキャリア発達支援 キャリア発達支援研究5 pp.8-21. 2018
学術論文以外の文筆活動 単著 自律的で豊かな生活に向けた青年期の課題と支援 特別支援教育研究736 pp.6-8. 2018
学会発表 共同 自主シンポウム:中学校通級指導教室における教育と医療の連携-多職種の専門家による合同カンファレンスの実際 日本LD学会第27回大会(新潟) 2018
著書 共著 発達科学ハンドブック10:自閉スペクトラムの発達科学(第19章:療育と地域支援) 新曜社 pp.210-219. 日本発達心理学会(シリーズ編) 藤野博・東條吉邦(責任編集) 2018
学術論文 共著 知的発達に遅れのないASD児者の友人関係にかんする追跡調査:地域療育センターを幼児期から成人前期まで利用した12事例の場合 LD研究 26(4)pp.464-473. 2017
著書 共著 知ってほしい乳幼児から大人までのADHD・ASD・LD:ライフサイクルに沿った発達障害支援ガイドブック(第2章 2:自閉スペクトラム症 a:幼児期・学齢期における課題と支援) 診断と治療社 齊藤万比古・小枝達也・本田秀夫(編著)pp.52-60. 2017
著書 共著 健康ライブラリー:発達障害の子の立ち直り力「レジリエンス」を育てる本 講談社 藤野博・日戸由刈(監修) 2015
著書 共著 アスペルガー症候群のある子どものための新キャリア教育(第2章:普通に仕事をすることが、なぜ難しいのか、第3章:家族は何をすべきか、第6章:地域の中の余暇活動支援でできること) 金子書房 本田秀夫・日戸由刈(編著)pp.16-35. pp.36-59. pp.96-114. 2013
著書 共著 わが子が発達障害と診断されたら:発達障害のある子を育てる楽しみを見つけるまで(第3章:家族と専門職、両方の立場から) すばる舎 佐々木正美(編著) 諏訪利明・日戸由刈(著)pp.173-230. 2011
学術論文 共著 アスペルガー症候群の人たちの就労困難に対する早期介入:介入モデルの考案と『就労準備講座』実践の試み 精神科治療学 26(6)pp.779-787. 2011
学術論文 共著 アスペルガー症候群の学齢児に対する社会参加支援の新しい方略:共通の興味を媒介とした本人同士の仲間関係形成と親のサポート体制づくり 精神医学 52(11)pp.1049-1056. 2010
学術論文 共著 4つのジュースからどれを選ぶ?:アスペルガー症候群の学齢児に集団で「合意する」ことを教えるプログラム開発 精神科治療学 24(4)pp.493-501. 2009
学術論文 共著 アスペルガー症候群のCOSSTプログラム:破綻予防と適応促進のコミュミニティ・ケア 臨床精神医学 34(9)pp.1207-1216. 2005

その他(2019年度)

  • 令和元年度 文部科学省 「障害者の多様な学習活動を総合的に支援するための実践研究」委託事業 「共生社会の実現に向けた、知的障害者等への 生涯学習プログラムの実践研究 ~大学との連携による「インクルーシブな学び」創成の試み」(株式会社ゆたかカレッジ)への研究協力
  • 文部科学省先導的実践研究「学校生活への適応が困難な子どもの才能を伸ばす教育事業(Co-Labo教室)」(横浜市教育委員会)への研究協力
  • 三菱財団社会福祉事業・研究助成「保健・福祉・医療のネットワークを活用した発達障害の「グレーゾーン」の子どもの保護者支援に関する研究」(研究代表者:本田秀夫、信州大学)への研究協力
  • 科学研究費補助金(基盤研究A)「ワーク・ライフ・バランスの向上を通じた労働者・夫婦・親子の健康支援に関する研究(TWIN Study III)」(研究代表者:島津明人、慶応義塾大学)への研究協力

研究資金の申請・獲得

社会活動等

学会活動

  • 日本LD学会 編集委員会 編集委員 (2018年6月-継続)
  • 日本臨床心理士会 障害者福祉委員会委員(-2019年8月まで)協力委員(2019年9月‐)
  • 日本公認心理師協会 福祉分野委員会委員(2019年4月-)
  • 臨床発達心理士認定運営機構 倫理委員会委員(2019年6月-)
  • 日本臨床発達心理士会研修委員会 基礎研修 小委員会委員(2020年6月‐)

社会人向け講座(2019年度)

国立障害者リハビリテーションセンター
  • 発達障害者地域支援マネージャー研修会(応用):早期支援に必要な支援技術(発達障害者支援センター相談員等10名)11月21日
横浜市教育委員会
  • 通級指導教室支援センター機能担当者研修 :オリエンテーション(通級担当教員30名)5月23日
  • 特別支援教育コーディネーター養成研修:将来を見据えた支援とは(特別支援教育コーディネーター等100名)5月30日
  • 発達障害児理解研修・情緒障害通級指導教室スキルアップ研修:将来を見据えた支援とは(教員300名)7月29日
  • 通級指導教室支援センター機能担当者研修:自閉スペクトラム症にかんする学校支援の心がまえ-複数事例から学ぶ(通級担当教員30名)9月24日
  • 特別支援教育課主催 保護者教室:成人期を見据えて、今家庭で大切にしたいこと(保護者150名)12月3日
  • 情緒障害通級指導教室 初担当者研修:学齢期の支援の鍵はアセスメントと保護者支援(通級担当教員30名)1月29日
  • 学校課題解決支援事業専門家による講演会:発達障害の基本的な理解(教員50名)2月19日
  • 通級指導教室支援センター機能担当者研修:研修対象者の作成したレポートに対する講評(通級担当教員30名)3月17日
  • 「学校生活への適応が困難な子どもの個性を伸ばす教育事業」に係る特別指導(計5回):横浜市立仏向小学校通級型指導教室(「Co-Labo教室」)保護者学習会にて「ライフスキルを身につけるために」をテーマとした連続講座(毎回、保護者15名)6月6日、7月18日、9月19日、10月18日、1月10日
横浜市特別支援教育研究会
  • 横浜市小学校特別支援教育研究会:レジリエンスと感情コントロールについて(個別支援学級担当30名)
横浜市小中学校通級指導教室
横浜市立平沼小学校情緒障害通級指導教室 保護者学習会:子どものレジリエンスを育てる(保護者50名)
横浜市地域療育センター
  • 横浜市総合リハビリテーションセンター テイクオフ講座:思春期の子育て10か条-ライフスキルと相談力を育むために-(保護者30名)9月6日
  • 横浜市戸塚地域療育センター 療育講座:ネット・スマホ・携帯の上手な活用法(保護者30名)12月10日
  • 横浜市総合リハビリテーションセンター 療育講座:子どものレジリエンスを育てる(保護者50名)2月4日
  • よこはま港南地域療育センター療育講座:学齢期に大切にしたい子育て7か条(保護者20名)2月18日
相模原市関係機関
  • 療育相談指導員研修:小集団での保護者支援(市職員30名)10月8日
  • 療育相談指導員研修:心理的アセスメント(市職員30名)10月28日
  • 療育相談指導員研修:小集団での療育技術(市職員30名)11月5日
  • 発達障害支援センター:地域生活支援のための各療育相談窓口の機能強化に向けた職員研修:学齢期の保護者支援に必要な心理的アセスメント(基礎編)(市職員および支援者40名)1月28日
その他 支援者研修
  • 富山県ハートフル保育普及研修会(初任者研修)(富山県厚生部子ども支援課):発達障害の基本理解/将来を見据えた支援(保育士等200名)6月15日
  • 横浜国立大学付属特別支援学校 インクルーシブ教育推進公開講座:発達障害児の社会性支援:仲間づくり、合意形成、そしてレジリエンス(教員等50名)7月22日
  • 長野県発達障害診療医・専門医育成カリキュラム(信州大学医学部):心理評価・評価尺度(医師等20名)8月28日
  • 社会福祉法人ル・プリ SELP・杜 グループホーム職員研修:支援現場における心の葛藤・アンガーマネージメント(支援者20名)9月17日
  • 和光中学校 中学部研究(共同教育部学習会):発達障害の中学生を教室でどのように支援したらよいのか(教員30名)12月23日
  • 山梨県発達障害専門研修会(山梨県立こころの発達総合支援センター):発達障害児の集団療育:効果と意義(関係機関職員等100名)1月7日
  • 日本臨床発達心理士会京都支部 資格更新研修会:青年期の発達障害の包括的アセスメントと支援(臨床発達心理士30名)2月15日
その他 保護者および支援者
  • 神奈川県立相模原養護学校 夏季公開研修会:発達に課題のある子の社会性を育む-レジリエンス、意思決定支援、仲間づくり-(保護者・支援者・教員50名)8月1日
  • 三重県自閉症協会 自閉症の理解を求めて講演会:レジリエンスを育てる(保護者・支援者100名)8月23日
  • とまとのおうち親の会(横浜市)勉強会:レジリエンスを育てる(保護者30名)9月14日
  • 知的・発達障がいのある人とともに育つ会ひこうせん(町田市)勉強会:レジリエンスを育てる(保護者・支援者100名)10月19日
  • 川崎市社会福祉事業団川崎市南部地域療育センター 地域公開講座:スマホ・ネット・携帯の上手な活用法(保護者・支援者20名)1月21日
  • 川崎市自閉症協会ペアレントメンター養成講座(一般社団法人川崎市自閉症協会):ライフステージに寄り添う支援:青年~成人期(保護者30名)1月25日
  • 鎌倉市発達支援室 発達障害等啓発講演会開催:発達に課題のある子どもの理解と支援-将来を見据えて育てたい力-(保護者・支援者50名)1月28日
  • わこう かめわこ(親の会)(和光市)子育て応援学習会:レジリエンスを育てる(保護者・支援者50名)2月6日

外部委員・審査員

  • 相模原市発達障害者支援地域協議会 会長(2019年1月-継続)
  • 国立障害者リハビリテーションセンター 発達障害に係る教員や支援者の専門性の在り方等に関する検討会議 委員(2019年6月-2020年2月)
  • 国立障害者リハビリテーションセンター 教育と福祉の連携に係る発達障害者支援人材育成のための研修カリキュラム検討会議 委員(2020年3月-)
  • 令和元年度 横浜国立大学教育学部附属特別支援学校インクルーシブ教育研究開発部 研究助言者(2019年7月-12月)
  • 横浜市教育委員会 発達障害児支援事業「専門家支援チーム」委員(2019年6月-継続)
  • 国立障害者リハビリテーションセンター ヒトゲノム・遺伝子解析研究倫理審査委員会 委員(2020年5月-)
  • 横浜市教育委員会 学校課題解決支援事業専門家(2020年4月-)

受験生へのメッセージ

これまで横浜市の療育センターで、発達障害のある幼児から成人までを対象に、ライフステージを通じた臨床の仕事に携わってきました。仕事を通じて学んだ発達障害児者支援のエッセンスや面白さを、みなさんに伝えたいと思います。当事者の持つ困難さを理解する力を身につけることは、みなさん自身の人間関係や生き方を考える上でも、きっと役立つと思います。



ページの先頭へ戻る