グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  教員紹介 >  人間心理学科 >  菅沼 崇

菅沼 崇


Suganuma Takashi

所属・職位:人間心理学科 教授
担当科目:社会心理学、産業心理学
専門分野及び関連分野:社会心理学、産業・組織心理学

最終学歴 広島大学大学院生物圏科学研究科博士後期課程(社会心理学)単位取得満期退学
学位 種類:修士(教育学)
授与大学:大分大学
職歴 財)労働科学研究所 主任研究員/研究グループ長
所属学会 日本心理学会、日本社会心理学会、日本グループ・ダイナミックス学会、産業・組織心理学会
趣味・特技 熱帯魚の飼育


授業

学生に授業内容をよりよく理解してもらうため、できるだけ身近な事柄と関連づけて説明するようにしています。また、授業中は私語を厳しく取り締まるようにしています。

研究テーマ

対人行動がストレス反応に及ぼす影響
経営管理要因と産業事故との関係
組織における不祥事の発生メカニズム

研究業績

区分 単/共 著書・論文名等 発行所・掲載誌等 発行等年
学術論文 単著 上司の対人行動が部下の適応に及ぼす効果に関する縦断的検討 『人間社会研究』第16号 pp.123-134. 2019
学術論文 単著 対人関係における道具的行動の機能 『人間社会研究』第15号 pp.101-108. 2018
著書 共著 心理学辞典 誠信書房 2014
学術論文 単著 産業事故のリスクマネジメント ~産業・組織心理学の視点から~ 『人間社会研究』第11号 pp.43-46. 2014
学術論文 単著 組織事故モデルの妥当性検証 『相模女子大学紀要(人文系)』第74巻(A), pp.21-42. 2011
学術論文 単著 上司の対人行動が部下の適応に及ぼす効果 『人間社会研究』第7号, pp.45-58. 2010
著書 共著 産業・組織心理学ハンドブック 丸善 2009
学術論文 単著 組織における不正行為の心理的メカニズム 『人間社会研究』第5号, pp.11-28. 2008
学術論文 単著 受け手中心のサポートがストレス反応と課題遂行に及ぼす効果に関する実験的検討 『相模女子大学紀要(人文・社会系)』第70巻(A) pp.19-94. 2007
学術論文 共著 組織事故モデルによる事例分析の試み 『労働科学』第82巻(2), pp.76-94. 2006
学術論文 共著 リーダーの誠実性の統合モデルに関する実証的研究:社会的交換の視点から 『産業・組織心理学研究』第19巻(2), pp.3-11. 2006
著書 共著 心理学と産業社会とのかかわり 八千代出版 2004
学術論文 共著 組織要因が引き起こす産業事故に関する理論的枠組みの提案 『産業・組織心理学研究』第16巻, pp.35-57. 2002
学術論文 共著 An integrative approach to leadership and social support. 『Asian Journal of Social Psychology』Vol.4, pp.147-161. 2001
著書 共著 心理学の理解 労働科学研究所出版部 2001
学術論文 共著 問題解決教育における状況的認知論の検討:学習者の状況と教授者の役割について 『労働科学』第77巻, pp.403-413. 2001
学術論文 共著 仮説的組織事故モデルによるJCO事故のプロセス分析 『労働科学』第77巻, pp.389-402. 2001

社会活動等

学会活動

  • 産業・組織心理学会 理事(2007-2010年)
  • 産業・組織心理学会『産業・組織心理学研究』編集委員2007-2010年)

社会人向け講座

  • 市民大学 相模女子大学コース「組織の不祥事はなぜ起きるのか:組織における不正行為の心理的メカニズム」講師(2007年)
  • 相模女子大学 秋季公開講座「ストレスの心理学」講師(2004年)
  • 相模女子大学 秋季公開講座「依頼と勧誘の心理学」講師(2004年)

その他

  • 財)労働科学研究所 「産業安全保健エキスパート養成コース」講師(2005-2006年)
  • 財)労働科学研究所 特別研究員(2004年~)

受験生へのメッセージ

本学科では、心の理解に役立つ複数の学問領域(心理学をはじめ、倫理学・文化人類学など)からの多彩なアプローチにより、人間の心を「まるごと」学びます。また、演習形式による体験型授業を多く取り入れ、実際に心と身体をつかって「心」を学ぶことができるカリキュラム構成になっています。人間の心を「深く」「広く」「楽しく」学ぶことができる!これが本学科の特色です。卒業後は、本学科で身につけた「心の理論と技術」を最大限に発揮して、心理職はもちろん民間企業や行政機関などでも活躍することができるでしょう。現在、多くの職場において心理学的な貢献が求められていますよ。



ページの先頭へ戻る