グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  教員紹介 >  人間心理学科 >  芝田 征司

芝田 征司


Shibata Seiji

所属・職位:人間心理学科 教授
担当科目:心理学統計法Ⅰ・Ⅱ、知覚・認知心理学 環境心理学
専門分野及び関連分野:環境心理学、感情心理学

最終学歴 同志社大学大学院文学研究科心理学専攻博士課程後期課程修了
学位 種類:博士(心理学)
授与大学:同志社大学
所属学会 日本心理学会、MERA(人間環境学会)、日本環境心理学会、International Association of Applied Psychology 等
ホームページ http://sbtseiji.net/


研究テーマ

回復的環境を構成する要素についての探求、より安心・安全な環境を構築するための研究

研究業績

区分 単/共 著書・論文名等 発行所・掲載誌等 発行等年
著書 単著 Transit Crime and Sexual Violence in Cities: International Evidence and Prevention. (Chapter 5 Tokyo) Routledge 2020
著書 共著 Transit Crime and Sexual Violence in Cities: International Evidence and Prevention. (Chapter 24 Incidence and Reporting: Making the Invisible Matter」) Routledge 2020
著書 単著 Crime and Fear in Public Places. (Chapter 8 Transit safety among college students in Tokyo-Kanagawa, Japan: victimization, safety perceptions and preventive measures) Routledge 2020
学術論文 単著 Are women-only cars (WOC) a solution to groping? A survey among college students in Tokyo/Kanagawa, Japan 「International Journal of Comparative and Applied Criminal Justice」44, pp.293-305. 2020
著書 単著 jamoviで学ぶ心理統計(Learning Statistics with Jamoviの邦訳) bookdown.org 2018
著書 単著 知っておきたい 気になる子どもの手先の器用さのアセスメント --PWT描線テストの手引きと検査用紙(第9章 PWT描線テストの統計的特徴) ミネルバ書房 2018
学術論文 共著 Community activities to protect children from crime, people's crime perception, and attitude toward these activities in japan 「Journal of ASIAN Behavioural Studies」2, pp. 57-66. 2017
著書 単著 数学が苦手でもわかる 心理統計法入門 --基礎から多変量解析まで サイエンス社 2017
学術論文 単著 自然に対する感情反応尺度の作成と近隣緑量による影響の分析 「心理学研究」87, pp.50-59. 2016
著書 単著 環境心理学の視点 --暮らしを見つめる心の科学 サイエンス社 2016
著書 共著 Safety and Security in Transit Environments: An interdisciplinary Approach(Chapter 15. Perception of Disorder and Crime, and Responses to Them in Japanese ‘Mega’ Railway Stations) Palgrave:London 2015
学術論文 共著 Expectation and perception of crime and disorder events in railway stations in Tokyo. 「Security Journal」 27, pp.210-225. 2014
学術論文 単著 自然環境の心理学--自然への選好と心理的つながり,自然による回復効果 「環境心理学研究」 1, pp.38-45. 2013
学術論文 単著 日常生活における回復環境:回復環境としての自宅 「MERA Journal」 15(2), pp.24-28. 2012
学術論文 共著 Community activities to protect children from crime, people's general trust, and attitude toward the activities in Japan 「Procedia - Social and Behavioral Sciences」38, pp.40-50. 2012
学術論文 共著 ターミナル駅における犯罪不安:物理特性の影響 「MERA Journal」14, pp.1-10. 2011
学術論文 単著 日常的文脈における環境の回復特性について 「相模女子大学紀 要」74C, pp.97-104. 2011
学術論文 単著 自然環境を対象とした心理学研究の動向 「人間社会研究」7, pp.73-87. 2010

研究資金の申請・獲得

社会活動等

学会活動

  • MERA(人間・環境学会)編集委員
  • 日本環境心理学会会長・編集委員(2019年4月〜現在)
  • 『環境心理学研究』編集委員長(2019年3月まで)

受験生へのメッセージ

心理学は、様々な角度からの検討を通じて人の心や行動を理解しようとするものです。何事も、一つの視点にとらわれず、幅広い視点から眺めることが大切です。



ページの先頭へ戻る