グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  教員紹介 >  人間心理学科 >  後藤 和宏

後藤 和宏


Goto Kazuhiro

所属・職位:人間心理学科 准教授
担当科目:心理学概論、学習・言語心理学、動物心理学、他
専門分野及び関連分野:比較心理学、行動分析学

最終学歴 Ph.D. University of Exeter
学位 種類:Ph.D.(Psychology)
授与大学:University of Exeter
所属学会 日本心理学会、日本基礎心理学会、日本動物心理学会、日本行動分析学会、日本神経科学学会
ホームページ https://sites.google.com/view/gotoccl/


授業

私が担当する実験心理学分野では、実験や調査によって得られた様々な行動指標からなる客観的なデータをもとに、心のはたらきや行動の法則性を明らかにしていきます。講義では、心理学の成り立ちや実験心理学の各分野について理解を深めます。演習では、実験や調査の計画の立て方、データ解析、レポートの作成について基礎から学びます。

研究テーマ

視覚、注意、記憶に関する比較発達研究

研究業績

区分 単/共 著書・論文名等 発行所・掲載誌等 発行等年
著書 単著 『正解は一つじゃない 子育てする動物たち』(5章 出産・子育てをめぐる心と体のしくみ―ラット) 東京大学出版会 2019
著書 単著 『ベーシック発達心理学』(第12章 学習の理論) 東京大学出版会, pp.207-222. 2018
学術論文 単著 J-STAGEのアクセス統計データから見た「動物心理学研究」 動物心理学研究, 68 pp.131-134. 2018
学術論文 共著 The asymmetry defect of hippocampal circuitry impairs working memory in β2-microglobulin deficient mice Neurobiology of Learning and Memory, 139, pp.50-55. 2017
学術論文 共著 Pigeons (Columba livia) fail to connect dots in learning biological motion Animal Cognition, 18, pp.1187-1191. 2015
学術論文 共著 Visual search and attention in blue jays (Cyanocitta cristata): Associative cuing and sequential priming Journal of Experimental Psychology: Animal Learning and Cognition, 40, pp.185-194. 2014
学術論文 共著 Perception of emergent configurations in humans (Homo sapiens) and chimpanzees (Pan troglodytes) Journal of Experimental Psychology: Animal Behavior Processes, 38, pp.125-138. 2012

研究資金の申請・獲得

社会活動等

学会活動

  • 日本心理学会 心理学ワールド編集委員
  • 日本基礎心理学会編集委員
  • 日本動物心理学会編集委員(常任)

外部委員・審査員

Associate Editor of Animal Cognition

その他

研究成果報告(図書館への展示物)の提供。

受験生へのメッセージ

一般にイメージされる心理学と、大学で学ぶ心理学との間には大きなギャップがあるといわれます。心のはたらきや行動の法則性を実験によって明らかにしていくことの楽しさを一緒に体験しましょう。



ページの先頭へ戻る