グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  教員紹介 >  メディア情報学科 >  池下 花恵

池下 花恵


Ikeshita Hanae

所属・職位:メディア情報学科 准教授
担当科目:Webデザイン応用、Webデザイン実践、メディアデザイン、アプリケーション開発
専門分野及び関連分野:人間工学、教育工学、情報アクセシビリティ

最終学歴 早稲田大学大学院 国際情報通信研究科博士後期課程
学位 種類:博士(国際情報通信学)
授与大学:早稲田大学
所属学会 日本教育工学会、電子情報通信学会、
日本LD学会、日本人間工学会、日本出版学会


授業

近年、携帯通信端末やそれを利用するサービスの普及により、いつでもどこでもマルチメディアコンテンツを楽しめるようになってきました。授業では、マルチメディアコンテンツにおける情報発信において、どのように情報を表現するのか、人間の視聴覚メカニズムの関連性も含めて考えていきます。

研究テーマ

  • こどもとメディア
  • Dyslexiaの学習支援
  • 読書と情報アクセシビリティ

研究業績

区分 単/共 著書・論文名等 発行所・掲載誌等 発行等年
学術論文 単著 Japanese public library services for dyslexic children Journal of Librarianship and Information Science,DOI: 10.1177/0961000618823871 2019
学術論文 共著 Effects of Highlighting Text on the Reading Ability of Children with Developmental Dyslexia: A Pilot Study International Journal of Emerging Technologies in Learning,13(9) pp.239-251. 2018
学術論文 共著 Visual training tool for teaching kanji to children with developmental dyslexia Computer Assisted Language Learning, DOI:10.1080/09588221.2014.889716, pp.1-14. 2014
学術論文 共著 Effects of Digital Picture Books on Mental Engagement in Young Children ICIC EXPRESS LETTERS, Vol.6, No.12, pp.3021-3026. 2013
学術論文 共著 識字学習支援のための筆順情報に基づく立体視呈示を用いた文字構造の認識 電子情報通信学会論文誌D、J94-D、No.1, pp.242-250. 2011
学術論文 共著 文字構造の認識における立体表現の効果 : 発達性読み書き障害児への適用 ヒューマンインタフェース学会論文誌、Vol.12, No.3, pp.259-267. 2010
学術論文 共著 発達性読み書き障害児における立体視を用いた平仮名識字学習の効果 日本教育工学会論文誌、 Vol.32,  No.4, pp.417-424. 2010
学術論文 共著 視覚的認知を利用した漢字書字訓練手法の開発:学習障害児への適用 日本教育工学会論文誌、Vol.32, No.Suppl., pp.13-16. 2008

研究資金の申請・獲得

社会活動等

ICT機器を活用した読み書き障害児(Dyslexia)の学習指導

学習指導では、読み書き障害児を対象に、タブレット端末やノートパソコンなどを活用した学習面での困難さを軽減するための方法をアドバイスしています。

Kids’ Book Project

Kids’ Book Projectは、2017年度より英語文化コミュニケーション学科とメディア情報学科のコラボ企画として活動を開始しました。本プロジェクトでは、こどもたちの外国語教育支援を目的とし、バイリンガル電子絵本制作やワークショップなどを開催しています。
その他の研究活動等については、以下に掲載。
https://researchmap.jp/ikeshita/

受験生へのメッセージ

情報メディアについて、理解を深めることは、将来、みなさんの視野を広げることにつながります。みなさんと一緒に学べる日を楽しみにしています。



ページの先頭へ戻る