グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 

Bourke Gary


Bourke Gary

所属・職位:英語文化コミュニケーション学科 教授
担当科目:基礎教育演出, Communication English, Practical English, English On The Job, Japanese Culture & Society, Seminar Ⅰ, Ⅱ, Ⅲ, Ⅳ.
専門分野及び関連分野:言語・異文化コミュニケーション

最終学歴 シェフィールド大学・東アジア学科・上級日本研究修士課程修了
学位 種類:言語学修士
授与大学:シェフィールド大学
教員プロフィール 30年以上にわたり、日本における英語教育に情熱を傾けるとともに日本文化の研究者としても活躍。長年の経験により、楽しく興味深い方法で英語の能力を向上させる技術を編み出す。大企業においても異文化の講義などを行う。近年では執筆活動にも力を注ぐ。


研究テーマ

言語:役割と取得、異文化間のコミュニケーション:スタイルと対立和解、言語学上達を目的とした近代テクノロジーの役割

研究業績

区分 単/共 著書・論文名等 発行所・掲載誌・巻・頁 発行等年
学術論文 単著 Tokyo Global Gateway Opens 慶應義塾大学 外国語教育研究第15号. pp.47-57. 2019
学会発表 単独 Tokyo Global Gateway 2018 JALT Study Abroad SIG Conference, Notre Dame University, Kyoto 2018
学会発表 単独 Using Movies to Foster Student Curiosity The Society of American Film Culture All Japan Conference, Fukuoka 2018
著書 共著 英語で日本昔ばなし ベル出版 2018
発表 単独 Digital Technology in Japanese EFL Education (Use, abuse, challenges, expectations and failings) CamTESOL International Conference, Phnon Penh, Cambodia 2018
学術論文 単著 Looking to Improve Japan's EnglishLanguage Capabilities 相模女子大学文化研究第35号. pp.13-23. 2017
発表 共同 Exploring the Needs for Asian-based English Language Immersion Courses CamTESOL International Conference, Phnon Penh, Cambodia 2016
学術論文 単著 Blue Japan 相模女子大学文化研究 第33号. pp.1-6. 2015
学術論文 単著 Cultural Ambassadors Wanted for the 2020 Tokyo Olympics 相模女子大学文化研究 第32号. pp.5-13. 2014
学術論文 単著 The Use of Portable Electronic Dictionaries in the Japanese EFL Classroom Kookumin University, Institute of Language and Literature Research. Vol.33, 2014. pp.97-127. 2014
著書 共著 English Expressions for the English Classroom 「英語の授業を英語でおこなうための表現集」 開文社出版株式会社 2014
著書 共著 Gentlemen's Agreement
「紳士協定」
株式会社チューエツ 2014
学会発表 単独 Changing Study Straegies to Improve Fluency 39th JALT Annual International Conference, Kobe 2013
学術論文 単著 The Use of Portable Electronic Dictionaries in the Japanese EFL Classroom: Students’ Opinions 相模女子大学紀要(人文系)2013年度 Vol.77A.pp.109-116. 2013
学術論文 単著 A Mirror on Japanese Culture The Society for Teaching English though Media (STEM) 2012. pp.35-41. 2012
学会発表 単独 English Study: A Mirror on Japanese Culture 16th STEM Conference, Kookmin University, Seoul, South Korea. 2012
著書 共著 To Kill A Mockingbird「アラバマ物語」 株式会社チューエツ 2011
著書 共著 Shane「シェーン」 開文社出版株式会社 2011
学術論文 単著 The Use of Portable Electronic Dictionaries in the Japanese EFL Classroom: Instructors’ Opinions 相模女子大学紀要(人文系)2010年度 Vol.74A.pp.111-123. 2011
学術論文 単著 An Overview to Using Film in the EFL Classroom The Society for Teaching English though Media (STEM) 2010年度 pp.6-15. 2010
学会発表 単独 An Overview to Using Film in the EFL Classroom. 14th STEM Conference, Myongji College, Seoul, South Korea. 2010
著書 共著 A Streetcar Named Desire「欲望という名の電車」 株式会社チューエツ 2010
著書 共著 It Happened One Night「或る夜の出来事」 株式会社チューエツ 2010
著書 共著 Waterloo Bridge「哀愁」 株式会社チューエツ 2010
著書 共著 All About Eve「イヴの総て」 株式会社チューエツ 2009
著書 共著 Niagara「ナイアガラ」 株式会社チューエツ 2009
著書 共著 It's a Wonderful Life「素晴らしき哉、人生」 株式会社南雲堂 2008

社会的活動

  • 日本英語検定協会試験官1級
  • アメリカ映画文化学会 (SAFC) 副会長
  • JALT 全国語学教育学会
  • 日英協会 会員

受験生へのメッセージ

英語を勉強することは簡単ではない。しかし必ずしもそれは難しさを意味するものではない。第二言語をマスターする鍵は粘り強く勉強すること。読む、書く、聞き取る、話すなど何でも良いので出来る限り言語に触れる事が大切である。
Good luck with your studies. I look forward to seeing you in my class.



ページの先頭へ戻る