グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 

2019年度



2020年3月

掲載日/放映日 媒体名 内容 備考
3月25日 共同通信PR Wire 「第16回ACジャパン広告学生賞」において、本学学生が18歳選挙権をテーマにした作品「タピのち、投票。」を応募し、「新聞広告部門」でグランプリを受賞した旨が掲載されました。 大学・短大
3月17日 福島民友新聞社
3月17日 朝日新聞
3月17日 産経新聞
3月14日
3月23日 たまひよON LINE 「子どもの力を伸ばす『読み聞かせ』 1・2・3歳にぴったりな年齢別のポイントは?」と題して、金元あゆみ准教授(子ども教育学科)のインタビュー記事が掲載されました。 大学・短大
3月19日 タウンニュース 相模原市内の主に保育現場の新型コロナウイルス感染症対策として、本学が防災用備蓄マスクのうち2,000枚を市に寄贈した旨と、速水俊裕事務局長のコメントが掲載されました。 大学・短大
3月15日 神奈川新聞 コラム「つくってチャチャチャ(春休み編)」にて、稲田大祐教授(子ども教育学科)が考案した子ども向けの工作「パッチンドラムカップ」の作り方が掲載されました。 大学・短大
3月13日 糸島新聞 2月25日より3泊4日で、本学学生による「糸島プロジェクト・冬の訪問」が行われ、学生6名がこれまでの体験や感想についてコメントした様子が写真と共に掲載されました。 大学・短大
3月2日 たまひよON LINE 「園でのトラブル、ママやパパはどう対応する?」と題した記事の中で、寄せられた3つの悩みに対する金元あゆみ准教授(子ども教育学科)のアドバイスが掲載されました。 大学・短大

2020月2月

掲載日/放映日 媒体名 内容 備考
2月16日 IBC岩手放送 2月16日に復興支援学生ボランティア委員会のメンバー12名が大船渡市を訪れ、2011年より本学が続けてきた復興支援活動の一環として、つばきまつりの会場で来場者と交流し、ツバキに関するクイズの出題や、ツバキの茶葉を練りこんだ手作りクッキーやパウンドケーキを提供した旨が掲載されました。 大学・短大
2月12日 福島民報 「もとみやスマイルプロジェクト」の学生が、市民の健康増進と、市内の特産品の周知や、子どもの食育推進を同時に支援することを目的とし、本宮市の特産品を使った健康メニューを考え、2月7日に市役所で発表した旨と、2月9日に同メニューの料理教室「親子でニコニコクッキング」を本宮市民元気いきいき応援プラザ「えぽか」において開催した旨が掲載されました。 大学・短大
2月8日
2月8日 北麓新聞 社会マネジメント学科の学生5名と井坂聡教授(社会マネジメント学科)ら教員3名が、大館市と協力した事業「地域活性化プロジェクト」の一環で大館市を訪れ、2月9日に「Discover大館」と題し、映画館の絵看板の制作体験や作品展示が楽しめる体験型イベントを開催する旨が掲載されました。 大学・短大
1月18日 秋田魁新報社
2月13日 神戸新聞 新型コロナウイルス感染症に関する記事において、湧口清隆教授(社会マネジメント学科)がクルーズ船内で感染が拡がる状況について取材を受け、クルーズ船内における感染症対策に対し「情報発信の判断に至るまでの時間と、船長らの認識の甘さ」や、「集団感染のリスクに対する認識の甘さ」、「乗員の客室環境や勤務形態から、乗員間で感染が広がった可能性」などを指摘するコメントが掲載されました。 大学・短大
2月13日 産経新聞
2月12日
2月11日
2月8日 西日本新聞
2月6日 産経新聞
2月5日
2月1日 さがみはら市議会だより 特集対談「南区学生自転車会議×市議会」に高等部の生徒が参加し、2017年12月の相模原市議会にて可決された「安全に安心して自転車を利用しよう条例」についてコメントした旨が掲載されました。 中高等部

2020年1月

掲載日/放映日 媒体名 内容 備考
1月24日 暮らしの手帳 「第4回 子育ての悩み相談室」において、スマートフォンが及ぼす乳幼児の発達への影響に関する相談者からの質問に対し、七海陽准教授(子ども教育学科)が回答するコラム記事が掲載されました。 大学・短大
1月15日 朝日新聞 相模原市と町田市に所在する、本学を含む大学の学生有志によるグループ「さがまち学生Club」の学生約30人が、民間事業者や自治体から悩みや相談を受け一緒に解決策を探る取り組みを進める一環で、相模原市と町田市から示された課題の解決案を考えアイデア発表を行った旨が掲載されました。 大学・短大

2019年12月

掲載日/放映日 媒体名 内容 備考
12月22日 エスマックス(S-MAX) ソフトバンク株式会社が行う「IoTチャレンジ」の特別協力校として、中学部3年生の生徒24名を対象に、川原田康文副校長(小学部)によるPepperとmicro:bitの連携を活用したsociety5.0の体験授業が行われた旨が掲載されました。 中高等部
12月11日 日刊工業新聞
12月8日 神奈川新聞 コラム「つくってチャチャチャ(冬休み編)」にて「版画で年賀状つくろう」と題して、稲田大祐教授(子ども教育学科)が開発した子ども向けの紙平版画[かみへいはんが](彫らない平らな版画)の作り方が掲載されました。 大学・短大

2019年11月

掲載日/放映日 媒体名 内容 備考
11月8日 タウンニュース ネーミングやラベルデザインなどに本学学生のアイデアが取り入れられている、摘果ミカンを原材料にしたアロマオイル「大磯frais―Tekka―」の製品化第一弾が完成し、今年の相生祭にて先行販売が行われ、用意した60本全て完売した旨が掲載されました。 大学・短大

2019年10月

掲載日/放映日 媒体名 内容 備考
10月22日 東京新聞 産学官連携の取り組みとして、本学学生が清川村の新たな特産品開発に取り組んでおり、地元の食材を使ったジェラートとソーセージを開発した旨と学生のコメントが掲載されました。 大学・短大
10月10日 タウンニュース 9月に行われた谷口台小学校6年生を対象にした理科の特別授業に、子ども教育学科の学生が実践の場として参加した旨が掲載されました。 大学・短大

2019年9月

掲載日/放映日 媒体名 内容 備考
9月26日 タウンニュース 9月8日開催の国際ロボット競技大会「WRO Japan」の10歳以下のカテゴリーにおける事前準備にて、準優勝した小学生チームに川原田康文副校長(小学部)がアドバイスを行った旨が掲載されました。 大学・短大
9月17日 東海新報 本学復興支援学生ボランティア委員会の学生らが、支援活動のため大船渡市を訪れ、盛岡町内で椿茶スイーツの試食会を初開催したほか、大船渡町でのイベント参加などツバキにまつわる支援活動を通じ、市民らと交流を深めた旨、ならびに学生のコメントが掲載されました。 大学・短大
9月13日 RareA(レアリア)(web) 本学学生が久保田酒造と産学連携で取り組んでいる梅酒造りで、久保田酒造にて梅酒の瓶詰めと、自分たちでデザインしたラベルを貼って梅酒を完成させた旨および参加した学生のコメントが掲載されました。また、9月14日から市観光協会のアンテナショップsagamixにて限定販売する旨ならびに学生の写真とコメントが掲載されました。 大学・短大
東京新聞(web)
9月12日 タウンニュース(web)
9月11日 福島民報(web) 管理栄養学科の学生が考案したランチメニューを提供する「マーガレットカフェ」が、本宮市内のしらさわ直売所「産直さわちゃん」にて開かれる旨と、同市でのマーガレットカフェの活動について掲載されました。 大学・短大
9月7日 新潟日報 佐渡市で開かれる夜能で日本語日本文学科の学生が仕舞を披露するため、地元の能楽愛好者からなる「羽茂昭諷会」から指導を受けている旨と学生のコメントおよび本学と佐渡市の交流について掲載されました。 大学・短大
9月6日 ハフポスト日本版編集部(web) ハフポスト日本版が主催するイベント「『企業におけるハラスメント問題』を考える」に、白河桃子客員教授がゲスト登壇する旨が掲載されました。 教員・個人
9月5日 福島民友新聞(web) 本学と地域協働活動協定を結ぶ本宮市の農産物を使ったランチメニューを学生が考案し、同市白岩の農産物直売所にて9月14日、15に1日60食限定で提供される旨と、代表学生のコメントが掲載されました。 大学・短大
9月5日 タウンニュース(南区) 8月26日に夢をかなえるセンターにて清川村との連携と協力に関する包括協定締結式が行われ、2018年に発足した本学と清川村との「清川村特産品開発プロジェクト」の取組について掲載されました。 大学・短大
タウンニュース(南区)(web)
8月31日 毎日新聞
毎日新聞(web)
8月30日 タウンニュース
(厚木・愛川・清川)
8月29日 神奈川新聞
神奈川新聞(web)
9月4日 読売新聞(web) 中学部生徒が、フランス・リモージュで開催されたIBTF(国際バトントワリング連盟)グランプリ大会に、日本代表としてソロトワール女子ジュニア(15-17歳)に出場した旨が掲載されました。 中高等部
9月4日 NIKKEI STYLE(web) コラム「白河桃子 すごい働き方革命」にて、「レジ締め30分が5分に ロイヤルホストのIT活用術」(下)と題して、白河桃子客員教授がロイヤルホールディングスの黒須康宏社長にインタビューした記事が掲載されました。 教員・個人
9月1日 WEZZY(web) 8月24日放送の「田村淳の訊きたい放題!」(TOKYO MX)に白河桃子客員教授が出演し、ハラスメントの現状や対策などを議論した際の記事が掲載されました。 教員・個人
9月 さぴあ(雑誌) プログラミング教育の第一人者として、川原田康文副校長(小学部)がインタビューを受けた、サピックス小学部 広野雅明教育情報センター部長との対談記事が掲載されました。 教員・個人

2019年8月

掲載日/放映日 媒体名 内容 備考
8月29日 北日本新聞 8月28日開催の第27回地球環境シンポジウムの「SDGs未来都市とやまから日本の将来を探る」にて、九里徳泰教授(英語文化コミュニケーション学科)が「国連SDGsの未来社会への貢献世界から、日本から」をテーマに基調講演を行う旨が掲載されました。 教員・個人
8月28日 日刊 建設工業新聞
8月28日 NIKKEI STYLE(web) コラム「白河桃子 すごい働き方革命」にて、「24時間営業やめたら増収 ロイヤルホストの働き方改革」(上)と題して、白河桃子客員教授がロイヤルホールディングス株式会社の黒須康宏社長にインタビューした記事が掲載されました。 教員・個人
8月23日 毎日新聞 共働き世帯の増加などからベビーフードの売れ行きが好調で、厚労省が3月に改定した「授乳・離乳の支援ガイド」にもベビーフードの活用に肯定的な一文が盛り込まれたことの記事の中で、有識者会議メンバーとしてガイドの改定を検討した堤ちはる教授(栄養科学研究科・健康栄養学科)のコメントが掲載されました。 教員・個人
毎日新聞(web)
8月23日 毎日新聞 小中学校でスマートフォンや携帯電話の利用を認める動きが広がっている記事の中で、澄井俊哉副校長(小学部)がインタビューを受け、「付き合い方を学ぶ時代」と題し児童の携帯電話所持に関する取組みについて述べた記事が掲載されました。 教員・個人
8月20日 相模経済新聞 相模原市が定める「総合計画」と国連が目指す目標「SDGs」について考えるシンポジウムが開催され、「みんなで考えるこれからのさがみはら」をテーマとしたパネルディスカッションで金森剛副学長がファシリテーターとして参加した旨が掲載されました。 教員・個人
8月16日 読売新聞 共働き家庭などの子どもが利用する「放課後児童クラブ(学童保育)」で広がっている、夏休みに昼食を提供する取り組みについて、堤ちはる教授(栄養科学研究科・健康栄養学科)のコメントが掲載されました。 教員・個人
読売新聞(web)
8月10日 神奈川新聞 8月9日に「Kids'サマースクール」が開催され、保護者含めて計約1,400人が参加した旨と堤真美教諭(中学部)が午前に担当した体験講座「新聞を広げて新聞の秘密を知ろう」の様子が掲載されました。 中高等部
8月9日 日本経済新聞 地域活性化に取り組む冒険家として、九里徳泰教授(英語文化コミュニケーション学科)の活動が掲載されました。 教員・個人
日本経済新聞(web)
8月2日 テレビ朝日(TV) 食品ロス問題解消を目指した大学対抗の料理対決イベント「CREATIVE COOKING BATTLE youth」が、7月6日に開催された旨が紹介され、6月に関東と関西で行われた予選と準決勝で約30校の中から勝ち上がった大学として、本学と筑波大、東京大、大阪府立大が掲載されました。 大学・短大

2019年7月

掲載日/放映日 媒体名 内容 備考
7月29日 神奈川新聞(web) 3月に大阪市で開催された「全日本バトントワーリング選手権大会」にて、中学部生徒が3位入賞を果たし、8月9日~11日にフランスで行われる世界大会の出場権を獲得した旨ならびに生徒のコメントが掲載されました。 中高等部
7月25日 糸島新聞 糸島市が今年度の「糸島市協定大学等課題解決型研究事業」の対象研究4件を採択した記事の中で、糸島市と協定を結んでいる本学と新たに委託契約を結んだ旨ならびに九里徳泰教授(英語文化コミュニケーション学科)の研究名が掲載されました。 大学・短大
7月25日 タウンニュース 大学院社会起業研究科設置に先駆け、7月16日に本学と町田新産業創造センターが、連携に関する協定を締結した旨が掲載されました。 大学・
短大
タウンニュース(web)
7月25日 ぺりかん社「なるにはBOOKS大学学部調べ 栄養学部中高生のための学部選びガイド」(書籍) 栄養系の学部を目指したきっかけや、ゼミでの活動、授業に関する現役大学生へのインタビューとして、健康栄養学科学生へのインタビュー記事が掲載されました。 大学・短大
7月23日 読売新聞 スマートフォンなどの動画投稿サイトに夢中になる子どもが増加していることを紹介する記事の中で、七海陽准教授(子ども教育学科)のコメントが掲載されました。 教員・個人
読売新聞(web)
7月21日 神奈川新聞 コラム「つくってチャチャチャ(夏休み編)」にて、稲田大祐教授(子ども教育学科)が開発した子ども向けの工作「マグネットパペット(磁石で踊る人形)」の作り方が掲載されました。 教員・個人
7月20日 相模経済新聞 大学院社会起業研究科設置に先駆け、本学と公益財団法人相模原市産業振興財団ならびに株式会社さがみはら産業創造センターが連携に関する協定を7月11日に本学にて締結した旨が掲載されました。 大学・
短大
7月18日 タウンニュース
タウンニュース(web)
7月12日 公益財団法人相模原市産業振興財団(HP)
7月18日 タウンニュース(web) 淵野辺駅南口の再整備について議論する市民、有識者の第4回検討会が8/2に行われ、山本匡毅准教授(社会マネジメント学科)が同駅周辺を取り巻く変遷と今後の見通しについて説明した旨が掲載されました。 教員・個人
7月18日 タウンニュース 生活デザイン学科、町田市、東京ガス株式会社の3者で取り組む「4Rプロジェクト」の研究発表が、7月5日・6日に町田市民フォーラムにて開催「まちだくらしフェア」で実施された旨と吉川ちひろ准教授(生活デザイン学科)のコメントが掲載されました。 大学・短大
タウンニュース(web)
7月17日 教育学術新聞
7月12日 よみうり進学メディア(web) 学校説明会などで高等部生徒が「おもてなしスタッフ」として案内・説明係を務める様子と、生徒2名のコメントが掲載されました。 中高等部
7月6日 共同通信(web) 食品ロス問題解消を目指した大学対抗の料理対決イベント「CREATIVE COOKING BATTLE youth」が、7月6日に開催された旨が紹介され、6月に関東と関西で行われた予選と準決勝で約30校の中から勝ち上がった大学として、本学と筑波大、東京大、大阪府立大が掲載されました。 大学・短大
産経フォト(web)
京都新聞社(web)
7月 JA相模原市「potato」(雑誌) 本学と産学連携協定を結んでいるJAの営農指導員の指導のもと、出前食農授業が本学にて行われた旨と、三橋正英教諭(小学部)のコメントが掲載されました。 小学部

2019年6月

掲載日/放映日 媒体名 内容 備考
6月28日 タウンニュース 清川村と本学との「特産品レシピ開発プロジェクト」が本格的にスタートし、村内特産物と学生アイディアのコラボで新たな商品開発が行われていることが紹介され、6月に1~3年生40人の学生が3日間村を訪問し、ソーセージやジェラードづくりの基本を学んだ旨と、参加学生ならびに連携教育推進課有田雅一部長のコメントが掲載されました。 大学・短大
6月15日 読売新聞(web) 国立極地研究所南極・北極科学館に、第60次南極地域観測隊夏隊に同行した、新井啓太教諭(高等部)が撮影した写真を紹介するコーナーが設置された旨が掲載されました。 教員・個人
6月10日 GLOCAL MISSION(web) 一般社団法人地域・人材共創機構が、地域に関わる働き方等について分析した「ローカルキャリア白書」を出版し、出版記念イベントにおいて、依田真美准教授(英語文化コミュニケーション学科)が執筆にかかる調査の様子と執筆時の状況について語った様子が掲載されました。 教員・個人
6月10日 福島民友新聞社(web) 本学と地域協働活動協定を結ぶ本宮市に、学生32人と高等部生徒10人が訪れ、田植えや野菜の収穫を体験した旨が掲載されました。 大学・短大
6月8日 東京新聞(web) 社会マネジメント学科の学生と地元の蔵元「久保田酒造」が、本学の梅を使った梅酒造りに共に取り組んでいる旨と、参加した学生のコメントが掲載されました。 大学・短大
産経新聞(web)
相模経済新聞
タウンニュース
朝日新聞
6月7日 プレジデント社(web) 白河桃子客員教授の著書「ハラスメントの境界線」(中公新書ラクレ)の一部を再編集した、「職場セクハラの6割が"泣き寝入り"のワケ」というコラムが掲載されました。 教員・個人

2019年5月

掲載日/放映日 媒体名 内容 備考
5月17日 神奈川新聞(web) 大学生少年サポーターの委嘱式が県警本部で行われ、2018年度は本学を含む8大学から16人委嘱された旨が掲載されました。 大学・短大
5月15日 広報さがみはら 南区の今と昔の比較を特集する表紙において、本学の昭和24年当時と現在の写真が掲載されました。 大学・短大
5月6日 日本経済新聞 男女雇用機会均等法施行直後に社会に出た「均等法第一世代」である皇后様が、仕事と子育てを両立させる苦労に国民が共感しているという記事の中で、白河桃子客員教授のコメント記事が掲載されました。 教員・個人
日本経済新聞(Web)

2019年4月

掲載日/放映日 媒体名 内容 備考
4月30日 信濃毎日新聞 「多様性の時代に(憲法と人権)」というコラムにおいて、4月1日の改正入管難民法施行により、さらに国内に増える見込みの外国人との関係について、奥貫妃文准教授(社会マネジメント学科)のコメントが掲載されました。 教員・個人
4月29日 朝日新聞 高校受験を控えた中学生が大きな病気などで入院や治療を余儀なくされた場合、病院内での受験を申請し、院内受験して合格したケースの紹介の中で、新平鎮博教授(子ども教育学科)が小児がんの生徒に対する公立高入試での配慮について調査し、報告した旨が掲載されました。 教員・個人
4月27日 エフエムさがみ 新井啓太教諭(高等部)が「南極派遣」について取材を受けた様子が2週に分けて放送されました。 教員・個人
4月20日
4月14日 神奈川新聞 稲田大祐教授(子ども教育学科)が考案した、動くおもちゃ「パラパラめくり機」の詳細およびコメント記事が掲載されました。 教員・個人
4月10日 exciteニュース 白河桃子客員教授による「働く女性のこれから」と題した講話において、新しい時代にマッチしない職場の「常識」などが語られた旨が掲載されました。 教員・個人
4月8日 スポーツ報知 「ミキハウス・アスリートコラム」に、高等部生徒のスケートボードに関するコラムが掲載されました。 中高等部
4月5日 タウンニュース(web) 第44回全日本バトントワーリング選手権大会が大阪で開催され、中学部生徒が女子U-15部門のソロトワール種目で3位に輝いた旨が掲載されました。 中高等部
4月4日 タウンニュース(web) 第60次南極地域観測隊夏隊に同行した新井啓太教諭(高等部)が、3月21日に帰国した旨と、30日に本学で報告会を行った旨ならびに新井教諭のコメントが掲載されました。 教員・個人
4月1日 毎日新聞 「海外に子ども用車いすを届けよう!プロジェクト」で、学生たちが自分たちで修理した子ども用車いす90台をラオスに贈った旨、ならびにこれまで東南アジア5カ国に車いすを贈り、今回を含め計600台に達した旨と、学生のコメントが掲載されました。 大学・短大
毎日新聞(WEB)

ページの先頭へ戻る