グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  大学からのお知らせ >  【学園】相模原市にマスクを寄贈しました

【学園】相模原市にマスクを寄贈しました


2020年3月27日

学校法人相模女子大学は、3月11日(水)に防災用マスク2,000枚を相模原市に寄贈しました。
当日は、速水俊裕事務局長と齋藤淳志学園事務部長が南区役所を訪問し、長谷川伸相模原市南区長及び若林和彦相模原市こども・若者未来局参事兼保育課長に、災害発生時用に本学が備蓄しているマスクのうち2,000枚を寄贈しました。

本学所在地である相模原市内でも感染者が多く確認されている状況や、小・中学校の全学休校措置の影響を多くの保育所が受けている状況に鑑み寄贈したもので、さっそく3月25日(水)より市内保育所にて配布が開始されたそうです。
現場で尽力される保育者の皆さんが安心して保育に従事できる一助になれば幸いです。

ページの先頭へ戻る