グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  大学からのお知らせ >  【社会マネジメント学科】「地域で学ぶ社会のしくみ」で1年生が津久井の調査・販売実習を行いました

【社会マネジメント学科】「地域で学ぶ社会のしくみ」で1年生が津久井の調査・販売実習を行いました


2019年11月14日
社会マネジメント学科は、1年生の必修科目に「地域で学ぶ社会のしくみ」を開講しています。この科目は、地域や企業の現場における様々な経験を通じて学ぶ科目です。そのうちまちづくり班の17人の学生は、相模原市緑区津久井地域で活動しています。
8月29日木曜日に津久井地域のフィールドワークによる調査、10月20日日曜日にJA神奈川つくい あぐりんずつくい様のご協力を賜り、販売実習を行いました。学生は初めて訪れる津久井の魅力を発見し、販売を通じてお客様に津久井の魅力をお伝えしました。
今後、2020年1月末までにあぐりんずつくい様のアイスパッケージの開発に取り組んでいく予定です。

[社会マネジメント学科]


ページの先頭へ戻る