グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  大学からのお知らせ >  谷崎昭男理事長らが大塚旧校庭にある碑を訪れ、戦災犠牲者を慰霊しました

谷崎昭男理事長らが大塚旧校庭にある碑を訪れ、戦災犠牲者を慰霊しました


2019年4月16日
谷崎昭男理事長をはじめ、田中百子同窓会長、同窓生が本学の前身である「帝国女子専門学校」の跡地(東京都文京区大塚)に立てられた「大塚発祥の地」の碑を訪れ、戦災犠牲者を慰霊しました。
1945年4月13日夜半から14日未明にかけての大空襲により校舎と学寮は全焼し、当時の田中義能校長は「校舎は焼けても、学校は焼けない。学校には永遠の命がある。」と教職員や学生を励まし、苦難を乗り越えて、やがて相模女子大学が誕生しました。
この戦災から74年がたち、この地を訪れ、犠牲になられた方々に哀悼の意を捧げました。


ページの先頭へ戻る