グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  大学からのお知らせ >  【地域連携】プレもんじぇ祭りに「海外に子ども用車椅子を届けよう!」プロジェクトの学生が出店しました

【地域連携】プレもんじぇ祭りに「海外に子ども用車椅子を届けよう!」プロジェクトの学生が出店しました


2018年8月10日

8月25日(土曜日)・26日(日曜日)に開催される相模大野商店街主催、もんじぇ祭りの事前イベントとして、7月29日(日曜日)にコリドー通りでダンス&ビールの祭典「プレもんじぇ祭り」が開催されました。
当日は、地元飲食店に交じって、「海外に子ども用車椅子を届けよう!」プロジェクトのメンバーが参加し、ブラジルのソーセージ「リングイッサ」と特大ホットドックを販売しました。
相模原市が東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会におけるブラジル選手団の事前キャンプのホストタウンに決まったことから、ブラジルのことを町の人たちに少しでも知ってもらう取り組みの一つとして、学生達がブラジルの食材を扱ったお店を開きました。
当初開催が予定されていた7月28日(土曜日)は、台風の影響で残念ながら中止となり、7月29日(日曜日)の1日のみの開催となりましたが、学生達が用意した全ての商品が完売しました。特に45センチの特大ソーセージは大人気で、8月25日(土曜日)・26日(日曜日)の本番に向けて、学生達は士気が高まったようです。
是非、8月のもんじぇ祭りにもお越し下さい。



ページの先頭へ戻る