グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  大学からのお知らせ >  【産学連携】梅の収穫と仕込み作業を行いました

【産学連携】梅の収穫と仕込み作業を行いました


2018年6月15日
今年も地元酒蔵「久保田酒造」との「梅酒造り」を開始しました。
この活動は、相模原市にある江戸時代創業の酒蔵「久保田酒造」との産学連携活動であり、梅酒「翠想(すいそう)」を毎年造っています。

6月5日(火曜日)に「社会マネジメント学科」、「食物栄養学科」、「海外に子ども用車椅子を届けよう!プロジェクト」の学生ら約30名が中心となり、学内にある梅の木から実の収穫作業を行いました。

収穫された梅の実は100kg近くになり、6月7日(木曜日)に久保田酒造で仕込みの作業として、水洗やヘタ取り、純米吟醸酒への漬け込みが実施されました。参加した学生は、初めての作業に戸惑いながらも、杜氏(とうじ)※さんに手ほどきを受け梅酒造りの工程に携われることに喜びを感じていました。
梅酒は、9月に瓶詰めの作業を行ったのち、小田急百貨店町田店和・洋酒売場にて販売されます。
※杜氏(とうじ):酒造りの最高責任者

[連携教育推進課]


ページの先頭へ戻る