グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  学校法人相模女子大学 >  Sagami Vision 2020 >  学園の教育・研究を支える安定した経営基盤を確立する計画

学園の教育・研究を支える安定した経営基盤を確立する計画


新しい教育構想を実現するためには、確かな経営基盤が存在することが前提となります。そのためには、学園を永続的に発展させる強固な財務基盤の構築と、学生生徒等納付金に依存しない財務体質を確立するとともに、在校生が安心・安全に学べ、充実した教育活動が展開できる施設設備を提供します。また、多様化する今日の教育において高い成果を生み出すために、教職員の育成を目的とした人事制度改革を推進するとともに、引き続き、教員と事務職員が協働して教育研究活動に取り組みます。このように人事・財政・施設管理などの側面から、課題解決に向けた施策を実行し、学園の教育・研究を支える安定した経営基盤を確立します。

(1)人事・組織計画

  • 事務職員の要員計画と採用計画の策定
  • 教職協働に必要な人材の確保と育成
  • 学園事務機構の機能のうち政策提案機能、教学支援機能、経営管理支援機能の3機能と、部署間の協業体制を強化
  • 学園全体の自己点検・評価の実施とIR活動の開始

(2)教育環境整備計画

  • 魅力ある教育研究と安全な学習に必要な施設設備の整備
  • 学園全体のシステムの統制管理

(3)財政計画

  • 学園を永続的に発展させるための財務基盤の強化

(4)学園広報計画

  • 総合学園としての魅力の学内外への発信

(5)収益事業計画

  • 安定した経営基盤を確立するための新たな収益事業の展開

(6)危機管理計画

  • 学園のリスク管理の確立

ページの先頭へ戻る