グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 

奥村 裕司


Okumura Yuushi

所属・職位:栄養科学研究科・健康栄養学科 教授
担当科目:解剖生理学、生化学
専門分野及び関連分野:生化学(酵素学)、分子生物学、ウイルス学、栄養学(解剖生理学)

最終学歴 徳島大学大学院医学研究科 博士課程 修了
学位 種類:博士(医学)
授与大学:徳島大学
職歴 徳島大学分子酵素学研究センター 助手
徳島大学疾患酵素学研究センター 助教
徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部・准教授
所属学会 日本生化学会、日本分子生物学会、日本栄養食糧学会、日本ウイルス学会、
日本アレルギー学会、日本血栓止血学会、日本癌学会、日本病態プロテアーゼ学会、International Proteolysis Society


授業

人間活動を根底から支える「食」環境は、私たちの「健康」の源であります。本授業では、「まず、人体の構造(基礎)についての理解を深めた上で、健康とは何かあるいは病気とは何か(臨床像)を理解する」ことを重視します。基礎学問の理解はもちろんのこと、学問の楽しみを実感できる(自覚を養える)よう努めていきます。

研究テーマ

常に生体内タンパク質分解酵素(プロテアーゼ)という観点から、様々な疾患の病態形成機構に関する研究に取り組んでいます。病気の発症に重要なプロテアーゼの生理機能を解明し、その制御に携わる栄養因子を同定することで、病気の予防と治療への取り組みへと展開していきます。

研究業績

区分 単/共 著書・論文名等 発行所・掲載誌等 発行等年
学術論文 共著 Reactive oxygen species upregulate expression of muscle atrophy-associated ubiquitin ligase Cbl-b in rat L6 skeletal muscle cells Am J Physiol Cell Physiol. C721-C731 2018
学会発表 共同 高病原性インフルエンザ感染に関わる宿主酵素MSPLと阻害剤との複合体構造 日本病態プロテアーゼ学会 2018
学術論文 共著 Hirasaka K, Maeda T, Ikeda C, Haruna M, Kohno S, Abe T, Ochi A, Mukai R, Oarada M, Eshima-Kondo S, Ohno A, Okumura Y, Terao J, Nikawa T. Isoflavones derived from soy beans prevent MuRF1-mediated muscle atrophy in C2C12 myotubes through SIRT1 activation. J Nutr Sci Vitaminol (Tokyo); 59(4):317-324. 2013
学術論文 共著 Abe T, Kohno S, Yama T, Ochi A, Suto T, Hirasaka K, Ohno A, Teshima-Kondo S, Okumura Y, Oarada M, Choi I, Mukai R, Terao J, Nikawa T.Soy Glycinin Contains a Functional Inhibitory Sequence against Muscle-Atrophy-Associated Ubiquitin Ligase Cbl-b. Int J Endocrinol. 2013:907565. 2013
学術論文 共著 Abe T, Hirasaka K, Kagawa S, Kohno S, Ochi A, Utsunomiya K, Sakai A, Ohno A, Teshima-Kondo S, Okumura Y, Oarada M, Maekawa Y, Terao J, Mills EM, Nikawa T. Cbl-b Is a Critical Regulator of Macrophage Activation Associated with Obesity-Induced Insulin Resistance in Mice. Diabetes; 62(6):1957-1969. 2013
学術論文 共著 Utsunomiya K, Owaki K, Okumura Y, Yano M, Oto T, Suzuki E, Tamura S, Abe T, Kohno S, Ohno A, Hirasaka K, Teshima-Kondoh S, Nikawa T. An Intracellular Fragment of Osteoactivin Formed by Ectodomain Shedding Translocated to the Nucleoplasm and Bound to RNA Binding Proteins. Biosci Biotechnol Biochem. 76 (12): 2225-2229. 2012
学術論文 共著 Yuushi Okumura, Etsuhisa Takahashi, Mihiro Yano, Masanobu Ohuchi, Tomo Daidoji, Takaaki Nakaya, Eva Böttcher, Wolfgang Garten, Hans-Dieter Klenk and Hiroshi Kido Novel type II transmembrane serine proteases, MSPL and TMPRSS13, Proteolytically activate membrane fusion activity of the hemagglutinin of highly pathogenic avian influenza viruses and induce their multicycle replication. J Virol. 84(10): 5089-5096. 2010
学術論文 共著 Reiko Nakao, Katsuya Hirasaka, Jumpei Goto, Kazumi Ishido, Chiharu Yamada, Ayako Ohno, Yuushi Okumura, Ikuya Nonaka, Koji Yasutomo, Kenneth M. Baldwin, Eiki Kominami, Akira Higashibata, Keisuke Nagano, Keiji Tanaka, Natsuo Yasui, Edward M. Mills, Shin’ichi Takeda, and Takeshi Nikawa Ubiquitin ligase Cbl-b is a negative regulator for IGF-1 signaling during muscle atrophy caused by unloading. Mol. Cell. Biol. 29 (17): 4798-4811. 2009
学術論文 共著 Daisuke Hashimoto, Masaki Ohmuraya, Masahiko Hirota, AkitsuguYamamoto, Koichi Suyama, Satoshi Ida, Yuushi Okumura, Etsuhisa Takahashi, Hiroshi Kido, Kimi Araki, Hideo Baba, Noboru Mizushima, and Ken-ichi Yamamura Involvement of autophagy in trypsinogen activation within the pancreatic acinar cells. J Cell Biol. 181(7): 1065- 1072. 2008

特許・産学連携

  • 上記科学研究費に関連した研究成果として、特許出願を行った。出願番号:特願2018-126822 「高病原性インフルエンザウイルス感染に関わる宿主酵素MSPL特異的な阻害ペプチドの開発」(2018-07-03 出願)。
  • 「モザイクセリンプロテアーゼ、MSPとその用途」(特願2007-094184、特開2008-247864)
  • 「ミオスタチン活性化プロテアーゼ阻害蛋白およびこれを有効成分として含有する抗筋萎縮剤」(特願2011-120521)

研究資金の申請・獲得

社会活動等

学会活動

  • 日本病態プロテアーゼ学会の評議員を務めた。

外部委員・審査員

  • NEDO(独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)における助成事業(公募)のピアレビュアーを担当した。

受験生へのメッセージ

大学生活の4年間は、長くもあり、短くもあるものです。みなさんが有意義な学生生活を送るためにも、何か一つでいいので、一生懸命に取り組んでください。もしそれが栄養学(学問)であるなら、私と共に学び、共に成長し、たくさんの感動を味わいましょう。



ページの先頭へ戻る