グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 

猿倉 薫子


Sarukura Nobuko

所属・職位:健康栄養学科 専任講師
専門分野及び関連分野:栄養教育、公衆栄養

最終学歴 徳島大学大学院栄養学研究科博士後期課程単位取得満期退学
学位 種類:栄養学博士
授与大学:徳島大学
所属学会 日本栄養改善学会、日本栄養士会、日本公衆衛生学会


授業

栄養指導論実習では、個人や集団を対象として、栄養状態や健康状態をアセスメントし、その状態を評価し改善するために効果的な手法や媒体を用いて栄養指導の実習を行います。

研究テーマ

子どもを対象とした栄養教育、食育に関する研究

研究業績

区分 単/共 著書・論文名等 発行所・掲載誌・巻・頁 発行等年
論文 共著 Relationship between Sugar Intake and Obesity among School-Age Children in Kaohsiung, Taiwan Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.62(5) 2016
その他 共著 How to Define Family Meals in "Shokuiku" (Food and Nutrition Education) Journal of Nutritional Science and Vitaminology ,Vol.6(Supplement) 2015
著書 共著 公衆栄養学 第5版 講談社 2015
論文 共著 Sugar intake and body weight in cambodian and Japanese children J Med Invest.,Vol.61(1-2) 2014
論文 共著 Sugar intakes from snacks and beverages in Japanese children J Nutr Sci Vitaminol,Vol.58(2) 2012
論文 共著 Study on the necessary survey days for energy intake in school children assessed by 7 day survey J Med Invest. ,Vol.59(1-2) 2012
著書 共著 公衆栄養学実習 講談社 2011
論文 共著 Dietary zinc intake and its effects on zinc nutrition in healthy Japanese living in the central area of Japan J Med Invest,Vol.58(3-4) 2011
論文 共著 Effects of dietary zinc deprivation on zinc concentration and ratio of apo/holo-activities of angiotensin converting enzyme in serum of mice Auris Nasus Larynx,Vol.39(3) 2011
論文 共著 Ratio of low serum zinc levels in elderly Japanese people living in the central part of Japan Eur J Clin Nutr,Vol.61 2006

社会活動

千葉県学校栄養職員新人研修講師 2010年~

受験生へのメッセージ

栄養士の活躍する場は広がっていています。専門的な知識や技術を学び、さらには問題を解決する力を身に付け、人々の健康と幸せの実現に向けて、社会で活躍することを期待しています。大学で共に学びましょう。



ページの先頭へ戻る