グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  教員紹介 >  大学院 栄養科学研究科 >  榎本 ヒカル

榎本 ヒカル


Enomoto Hikaru

所属・職位:栄養科学研究科・健康栄養学科 教授
担当科目:住居学(製図を含む)、住生活論、家庭科教育法(中・高)Ⅰ、Ⅱ
専門分野及び関連分野:住居学(特に建築衛生学、環境人間工学)、家庭科教育、健康教育

最終学歴 奈良女子大学大学院人間文化研究科生活環境学専攻修了
学位 種類:博士(学術)
授与大学:奈良女子大学
職歴 国立公衆衛生院・国立保健医療科学院、九州大学大学院芸術工学研究院、労働安全衛生総合研究所、東京福祉大学教育学部を経て現職


研究テーマ

健康で快適な室内環境条件、特に温熱環境に関する研究を長年行っています。また家庭科指導に関わる研究も行っています。

研究業績

区分 単/共 著書・論文名等 発行所・掲載誌等 発行等年
著書 共著 新 建築物の環境衛生管理 厚生労働大臣登録建築物環境衛生管理技術者テキスト 公益財団法人日本建築衛生管理教育センター 中巻pp.12-25. 2019
学術論文以外の文筆活動 共著 小学校家庭科「寒い季節の住まい方の工夫-結露と換気-」学習における指導と教材研究 滋賀大学教育実践研究論集第1号(2019) pp.37-43. 2019
著書 共著 文部科学省検定済教科書高等学校家庭科用 家庭総合-明日の生活を築く- 「第3章住まう」pp.190-209.
開隆堂出版(株)
2017
学術論文 共著 節電要請期のオフィス内温熱環境と勤務者の快適性評価に関する調査 人間と生活環境 23(2) pp.39-47. 2016
著書 共著 中学校技術・家庭教科書学習指導書(家庭分野)内容編 住生活の自立 「健康で安全な住まい」「地域に配慮した住まい方」pp.127-140. pp.159-163.
開隆堂出版(株)
2016
著書 共著 教職科目要説改訂版・初等教育編 「家庭科指導法」「家庭」 pp.99-106. pp.220-227.
(株)ミネルヴァ書房
2015
学術論文以外の文筆活動 共著 節電下のオフィス環境における温湿度と健康影響調査 労働安全衛生総合研究所特別研究報告 43 pp.157-163. 2013
学術論文 共著 暑熱作業環境下での水分摂取量の違いが人体に及ぼす影響 労働安全衛生研究 4(1) pp.7-13. 2011
著書 共著 室内環境学概論 第5章物理的要素と室内環境「第3節 温熱環境」 pp.133-139.
東京電機大学出版局
2010
著書 共著 からだと温度の事典 G15 「オフィスの温熱環境」pp.469-471. (株)朝倉書店 2010

研究資金の申請・獲得

社会活動等

学会活動

  • 人間-生活環境系学会評議員および理事
  • 日本建築学会環境工学委員会温熱環境学術規準WG委員および情報発信WGアドバイザー委員

社会人向け講座

  • 公益財団法人日本建築衛生管理教育センター教授

外部委員・審査員

  • ISO/TC159/SC5/WG1,4(人間工学/物理環境の人間工学/温熱環境、総合環境評価)国内委員

受験生へのメッセージ

家政学全般に興味のある皆さん、ぜひ一緒に学び、家庭科の先生を目指しましょう。



ページの先頭へ戻る