グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  教員紹介 >  日本語日本文学科 >  山﨑 鎮親

山﨑 鎮親


Yamazaki Yasuchika

所属・職位:日本語日本文学科 教授
担当科目:サブカルチャー論、現代文化研究1
専門分野及び関連分野:アイデンティティ論、若者研究、サブカルチャー研究、格差社会研究

学位 種類:修士(教育学)
授与大学:東京大学
所属学会 教育社会学会、コンテンツ文化史学会、総合人間学会
つぶやき 好きな言葉は「自由自在」。時代劇好きでヘビメタ好き。とくに、シンフォニックメタル、ゴシックメタル、プログレデスメタルとややわかりにくい。でも、妖怪重金属楽団はわかりやすいと思います。


研究テーマ

  • ファンカルチャーとしての怪獣文化
  • 高度情報消費社会におけるサブカルチャーと若者
  • 若者の移行過程と成熟の問題
  • 格差社会における文化とアイデンティティ

研究業績

区分 単/共 著書・論文名等 発行所・掲載誌等 発行等年
著書 単著 半径1メートルの想像力-サブカル時代の子ども若者- 旬報社 2014
論文 単著 巨大ロボットアニメという移行物語-母はロボットを与えない- 「相模国文」第41号 2014
著書 共著 格差社会における家族の生活・子育て・教育と新たな困難 旬報社 2014
論文 単著 「怪獣」はいかに語られてきたか 「相模国文」第40号 2013
論文 単著 未来の否定と永遠の現在-「魔法少女」の成熟- 「相模国文」第39号 2012
著書 共著 図説 教育の論点 旬報社 2010
論文 単著 「サブカル」消費の可能性・再考 「相模国文」第37号 2010
論文 単著 アイデンティティの〈市場化〉とセラピー的物語的アイデンティティの行方 「〈教育と社会〉研究」17号 2007
論文 単著 主体の個人化からアイデンティティと実践へ 「〈教育と社会〉研究」12号 2002
著書 共著 現在の子どもがわかる本 学事出版 2000
論文 単著 学力の政治学から学力の公共性へ 教育目標「評価学会紀要」10号 2000
論文 単著 半径1mの神話 「人間と教育」16号 1997
著書 共著 学校文化という磁場 柏書房 1996
著書 共著 日本の教員文化 多賀出版 1994
著書 共著 豊かさの底辺に生きる 青木書店 1993

その他

「戦後サブカルチャーのジャンル形成と変動に関する研究」における聞き取り調査の実施
  • 第1回「1990年代以降のサブカルチャー状況に関する製作者側に対する聞き取り)2018年6月
  • 第2回「1980年代~90年代のサブカルチャーファン層の動きに関する聞き取り」2018年8月
  • 第3回「特撮ジャンルの歴史に関する聞き取り」2018年11月
  • 第4回「2000年代サブカルチャーコンテンツの流通に関する聞き取り」2018年12月)
『図説 教育の論点』(旬報社、2010)の続編の製作。2020年度刊行予定。

社会活動等

外部委員

子どもの権利条約市民・NGO報告書をつくる会研究委員

その他

  • 平成19~20年度神奈川県栄養教諭認定講習講師(神奈川県教育委員会)
  • 平成19~20年度神奈川県栄養教諭:免許法認定講習(栄養教諭)の栄養教育実習の単位認定者(神奈川県教育委員会)
  • 第68次教研集会共同研究者(湘南教職員組合)

受験生へのメッセージ

生き方は自由が一番です。でも、知的な探求心・好奇心はつねにとっても大切なものです。その人の一生の財産になるのだと思います。



ページの先頭へ戻る