グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  教員紹介 >  日本語日本文学科 >  風間 誠史

風間 誠史


Kazama Seishi

所属・職位:日本語日本文学科 教授
担当科目 :専門演習、卒業研究、さがみ発想講座(全学共通科目)
専門分野及び関連分野:日本近世文学、近世の思想(国学)

最終学歴 東京都立大学大学院人文科学研究科国文学専攻博士課程修了
学位 種類:博士(文学)
授与大学:東京都立大学
職歴 都立高校教諭、相模女子大学短期大学部を経て現職
所属学会 日本文学協会、日本近世文学会
趣味・特技 トライアスロン(水泳・自転車・ランニング)

ページ内目次


授業

演習では『雨月物語』など江戸時代の小説を読んで、ディスカッションします。何でもいいから疑問を見つけて必ず発言、がルール。さがみ発想講座では、連歌を作るワークショップ形式の授業をやっています。

研究テーマ

江戸時代のテキストを対象に、「文学」とは何か?を考える。アプローチの手法は表現・文体論を主とする。具体的には、西鶴・秋成・馬琴とオーソドックスな近世小説を扱っている。とはいえ、文学史を志向しているわけではなく、その反対で、文学史を壊したい。

研究業績

区分 単/共 著書・論文名等 発行所・掲載誌等 発行等年
学術論文 単著 西鶴の〈公〉と〈私〉 「日本文学」2019年1月号 pp.36-45. 2019
学術論文以外の文筆活動 単著 連歌もしくは文学と記憶について 「近世部会誌」第13号 pp.2-3. 2019
著書 単著 『近世小説を批評する』 森話社 2018
学術論文 単著 「発想と古典文学」 「相模国文」43号 2016
著書 単著 『春雨物語という思想』 森話社 2011
著書 単著 『近世和文の世界』 森話社 1998
編著書 単著 『多田南嶺集』 国書刊行会 1997
編著書 共著 『建部綾足全集』全九巻 国書刊行会 1986-1990

受験生へのメッセージ

高校の国語の時間では読めない、好色もの、怪奇もの、ファンタジー系を心ゆくまで(深く)読みたい人、どうぞ。



ページの先頭へ戻る