グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  教員紹介 >  健康栄養学科 >  鈴木 啓子

鈴木 啓子


Suzuki Keiko

所属・職位:健康栄養学科 准教授
担当科目:ライフステージの栄養学Ⅰ・Ⅱ、調理学実習Ⅱ
専門分野及び関連分野:調理学、応用栄養学

学位 種類:学士(家政学)
所属学会 日本調理科学会、日本家政学会、日本食品科学工学会、日本食品化学学会、日本食生活学会


研究テーマ

野菜類に含まれる機能性成分について

研究業績

区分 単/共 著書・論文名等 発行所・掲載誌・巻・頁 発行等年
論文 共著 Carotenoid composition in mature Capsicum annuum Food Science and Technology Research 2007
論文 共著 新品種ピーマン「さらら」果実の成熟に伴うカロテノイド組成とカプサンチン含量の変化 日本食品科学工学会誌 2003
論文 共著 イチョウ葉の生長過程におけるクロロフィルとカロテノイドの変化 日本食品科学工学会誌 2000
論文 共著 ドクダミ茶の採取時期における無機構成成分 日本調理科学会 1999

社会活動等

題名/内容 主催学会/団体名 場所 発行等年
相模女子大学小学部 食育講座「梅ジュース作り」 相模女子大学学長室 5号館546教室 2007.6.23

受験生へのメッセージ

食品に関する情報が氾濫する現在においては、しっかりとした栄養の基本を身につけることが大切です。自分で興味のあることを見つけ探究してみてください。
私は、機能性成分として近年注目されている、特に野菜類に含まれる抗酸化物質などに興味を持ち研究を進めています。



ページの先頭へ戻る