グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 

井坂 聡


Isaka Satoshi

所属・職位:社会起業研究科(専門職)・社会マネジメント学科 教授
担当科目:エンターテイメント特講、クリエイティブ技法I(構成)
専門分野及び関連分野:映画・テレビドラマの監督、舞台演出

最終学歴 東京大学文学部美学藝術学専修課程卒業
学位 種類:文学士
授与大学:東京大学
職歴 大学卒業後、フリーの助監督を経て、1992年にテレビドラマで監督デビュー。1996年に『[Focus]』で劇場用映画初監督。以後、映画・テレビドラマなどを多数監督。近年は舞台演出も手掛ける。
その一方で、2004年~2010年日本映画学校、2010年~2014年昭和女子大学短期大学部、2010年~日本大学芸術学部で講師を務め、後進の育成にあたっている。
趣味・特技 大学時代は野球部でしたのでスポーツは大好きです。


授業

楽しいことがやりたくて映像制作の現場に飛び込んで30年が経ちました。その楽しさとは、モノ作りの様々なプロセスを通じて形のないものが形あるものに変わっていくときに生じる発見や驚きです。学生の皆さんにも、是非その楽しさを味わってほしいと思います。

研究テーマ

映像作品制作
身体表現能力の向上によるプレゼンテーション能力の育成
映画文化論

研究業績

区分 単/共 著書・論文名等 発行所・掲載誌等 発行等年
実技・
表現活動
単独 『スパイラル』の監督(第1話・第2話・第5話・第8話) テレビ東京/スパークル 2019
実技・
表現活動
単独 『PTAグランパ2!』の監督(第1話・第2話・第3話・第7話・第8話) NHK/東阪企画 2018
その他 編著 俳優の演技訓練 フィルムアート社 p.53-59. 2013
その他 単著 助監督の仕事 私家版テキスト 2004
その他 単著 「監督」と「観客」のはざまで 岩波書店『へるめす』1997年3月号 p.164-165. 1997

研究資金の申請・獲得

社会活動等

外部委員・審査員

  • 協同組合日本映画監督協会専務理事
  • 文化庁著作権分科会臨時委員

その他

世田谷区立深沢中学校学校関係者評価委員長・学校支援コーディネーター

受験生へのメッセージ

スマートフォンなどのお蔭で、映像を撮ることはとても身近なことになりました。手軽な自己表現手段が増えたのです。しかし入り口は広くなりましたが、単に撮ることから一つの作品に仕上げていく過程は奥が深く、どこまで行ってもゴールはありません。その面白い道のりをたどることは、皆さんの自己表現能力を向上させ、魅力ある人間へときっと高めてくれることと思います。



ページの先頭へ戻る