グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 

深作 貴子


Fukasaku Takako

所属・職位:食物栄養学科 専任講師
担当科目:応用栄養学、栄養学実習、臨床栄養学実習
専門分野及び関連分野:応用栄養、臨床栄養

最終学歴 筑波大学大学院人間総合研究科ヒューマン・ケア科学専攻博士課程修了
学位 種類:博士(ヒューマン・ケア科学)
授与大学:筑波大学大学院
職歴 2011~2014年 つくば市糖尿病専門クリニック勤務、筑波大学医学医療系非常勤研究員として勤務
所属学会 日本公衆衛生学会、日本栄養改善学会、日本老年医学会、日本プライマリ・ケア連合学会、日本体力医学会、日本高齢者ケアリング学研究会など
趣味・特技 旅行、映画・美術鑑賞、スポーツ観戦


授業

人が誕生してから死に至るまでのライフステージごとに、生理的特徴や栄養に関する諸問題は異なります。授業では、各ライフステージの特徴、疾病に応じた栄養ケアについて理解を深めながら、それぞれの栄養の摂り方について学んでいきます。

研究テーマ

特定高齢者への栄養指導による護予防効果の検証、高齢者の栄養管理

研究業績

区分 単/共 著書・論文名等 発行所・掲載誌・巻・頁 発行等年
学術論文以外の文筆活動 単著 第3回高齢者ケアリング学研究会学術集会報告書 高齢者ケアリング学研究会誌 pp.20-21. 2018
著書 共著 Nブックス 応用栄養学概論 建帛社 2017
著書 共著 介護予防のためのベストケアリング~高齢者が元気でくらしていくために~ メジカルビュー社 2016
著書 共著 コンパクト応用栄養学(第2版) 朝倉書店 2016
論文 共著 介護予防教室参加者における運動の継続に関連する要因 理学療法学,42(6);511-518 2015
論文 共著 老老介護世帯における主介護者の生活の質に関連する要因-中国東北部吉林省(朝鮮民族・漢民族)の実態調査から- 日本プライマリ・ケア連合学会誌,37(3);225-232 2014
論文 共著 二次予防事業対象者の認知機能とビタミンD 日本老年医学会雑誌,50(4);515-521 2013
論文 共著 介護予防教室参加特定高齢者の体力改善とビタミンD ビタミンD補充、腎機能より検討 日本老年医学会雑誌,48(6);691-698 2011
論文 共著 高齢者における多様な食品摂取の重要性について~新たな評価法の試み~ 高齢者ケアリング学研究会誌,1;10-19 2011
論文 共著 特定高齢者に対する運動及び栄養指導の包括的支援による介護予防効果の検証 日本公衆衛生雑誌,58;420-432 2011
論文 共著 中国北東部に在住の朝鮮族と漢族の要介護高齢者の介護者の介護負担感に影響する要因 日本公衆衛生雑誌,57(9);816-817 2010
論文 共著 地域での転倒予防介入で焦点となる転倒関連要因 体力科学,59(4);415-426 2010
論文 共著 老老介護の現状と主介護者の介護負担感に関連する要因 日本プライマリ・ケア連合学会誌,33(3);256-265 2010
論文 共著 特定高齢者の体力を把握するためのテストバッテリ 日本公衆衛生雑誌,56(10);724-736 2009
論文 共著 特定高齢者における食品摂取の多様性と生活機能,生活の質及び身体機能との関連について 日本プライマリ・ケア学会誌,32(1);32-39 2009

特許・産学連携

  • 中日本エクシスとの産学連携活動:「サービスエリアにおけるムスリム向けメニューの提供」
  • UR都市機構・株式会社良品計画との産学連携活動:「防災まつりイベントにおける災害食のメニュー提供」

社会貢献

その他

  • 地域支援事業 介護予防特定高齢者施策(茨城県八千代町)
  • 筑波大学非常勤講師

受験生へのメッセージ

食べることは生きることと言われるように、栄養学を学ぶことは生活に密接した学問です。日々の食事は、疾病予防や介護予防につながるだけでなく「生きがい」や「楽しみ」にもなり得ます。そのことを心に留めながら、栄養士として必要なことを一緒に学んでいきましょう。



ページの先頭へ戻る