グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 

平井 昭彦


Hirai Akihiko

所属・職位:食物栄養学科 教授
担当科目:微生物学、食品衛生学、食環境論、食品衛生学実験など
専門分野及び関連分野:食品衛生学、微生物学

最終学歴 麻布獣医科大学獣医学部獣医学科 卒業
学位 種類:博士(学術)
授与大学:麻布大学大学院
職歴 東京都衛生局町田保健所
東京都立衛生研究所微生物部
東京都健康安全研究センター微生物部
相模女子大学短期大学部教授
所属学会 日本食品衛生学会、日本食品微生物学会、日本細菌学会 等
趣味・特技 美術鑑賞、テニス


授業

食品衛生は食の安全・安心を守る学問です。飲食による危害の要因を学ぶとともに、これらを予防する方法を学びます。また、食品を汚染する微生物、残留農薬、化学物質などを、科学的に評価する方法を学びます。

研究テーマ

食中毒細菌の検出法検討と解析

研究業績

区分 単/共 著書・論文名等 発行所・掲載誌・巻・頁 発行等年
その他 共著 国際的な動向を踏まえた乳及び乳製品の試験法の研究-乳及び乳製品試験法に関する改正試験法に向けた検討(微生物分野)- 厚生労働科学研究(分担報告書) 2018
その他 共著 食品由来感染症の病原体情報の解析及び共有化システムの構築に関する研究 関東ブロックにおける腸管出血性大腸菌の疫学解析及び共有化システムの構築に関する研究 厚生労働科学研究(分担報告書) 2018
論文 共著 キュウリに付着した腸管出血性大腸菌O157に対する熱湯殺菌の有効性 日本食品微生物学会雑誌、35号、41‒44 2017
論文 共著 学校給食で提供された刻みのりによるノロウイルス食中毒 食品衛生学雑誌、58、260~267 2017
論文 共著 Food poisoning outbreak in Tokyo, Japan caused by Staphylococcus argenteus Int J Food Microbiol. 262: 31-37 2017
論文 共著 低温殺菌牛乳製造乳処理業施設における細菌学的調査および分離菌株の性状 日本食品微生物学会雑誌、34号、207-213 2017
著書 共著 食品衛生学 羊土社(栄養科学イラストレイテッド) 2017
論文 共著 過去30年間に東京都内で発生した黄色ブドウ球菌食中毒とその原因菌のコアグラーゼ型およびエンテロトキシン型の推移 日本食品微生物学会雑誌、34号、26~31 2016
論文 共著 食品からのListeria monocytogenes検出法および定量法の比較 日本食品微生物学会雑誌 33号(3)、155-159 2016
論文 共著 2010年から2012年に東京都内で流通した食肉におけるバンコマイシン耐性腸球菌の検出状況 日本食品微生物学会雑誌、33号(2)、76-81 2016

社会活動等

  • 共同授業:環境保健と食品保健(帝京平成大学看護学科。2018年6月9日)
  • 微生物検査の内部精度管理(新潟県福祉保健部。新潟県庁。2018年2月1日)
  • 微生物検査の内部精度管理(厚生労働省医薬・生活衛生局生活衛生・食品安全部。厚生労働省。2017年5月26日)

受験生へのメッセージ

短期大学部食物栄養学科での学びは、皆さんを食の専門家に育てるとともに、栄養士資格のほか食品衛生監視員、食品衛生管理者の任用資格を得ることもできます。皆さんの夢を実現させるため、充実した2年間を過ごしましょう。



ページの先頭へ戻る