グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 

羽井佐 昭彦


Haisa Akihiko

所属・職位:英語文化コミュニケーション学科 教授
担当科目:英語科教育法(中・高)Ⅰ・Ⅱ、応用言語学
専門分野及び関連分野:英語教授法、第二言語習得論、社会言語学

最終学歴 ブリティッシュ・コロンビア州立大学 言語教育研究科(英語教育)修士課程修了
学位 種類:MA(学術修士)
授与大学:ブリティッシュ・コロンビア州立大学
職歴 東北工業大学人間科学センター准教授
千葉工業大学教育センター准教授
所属学会 大学英語教育学会、関東甲信越英語教育学会、全国英語教育学会


授業

将来、英語の教師になりたい学生を対象とした英語科教育法の授業を受け持っています。この授業では、英語教育に関わる理論的なことも学びますが、指導案の作成や模擬授業などを通して、実際に教えることの難しさや楽しさも体験します。

研究テーマ

教室内談話の分析、共通語としての英語使用の分析

研究業績

区分 単/共 著書・論文名等 発行所・掲載誌等 発行等年
学術論文 単著 How do Japanese learners of English respond to Filipino instructors in the Philippines? 相模女子大学文化研究 第39号pp.3-18. 2021
その他(大学用テキスト) 共著 わかって使える英語構文―英文構造の理解から発信へ― 朝日出版社 p.80. 2020
学術論文 単著 フィリピン英語留学における教室内談話の分析:共通語としての英語使用の観点から 相模女子大学文化研究 第36号 pp.25-40. 2018
学術論文 単著 フィリピン英語留学が日本人学習者の言語態度に与える影響 相模女子大学紀要 Vol.80 pp.11-24. 2017
学術論文 単著 フィリピン人講師が日本人学習者に対して使う英語の分析 相模女子大学文化研究 第35号 pp.37-51. 2017

研究資金の申請・獲得

過去の研究資金の申請・獲得
科学研究費補助金(基盤研究(C))
  • 思考力・自己表現力・問題解決能力育成の観点から見た言語教育プロセスの日英比較(平成20~23年度)
  • 国際社会で通用する自己表現力の育成に向けて―英国における自己表現力育成を参考に―(平成17~19年度)

社会活動等

外部委員・審査員

  • (財)日本国際連合協会(国連英検評議員・国連英検ジュニアテスト指導検討委員会委員長)

受験生へのメッセージ

英語は今や世界の共通語となりつつあります。英語を使って世界の様々な国の人とコミュニケーションを取ることによって自分の世界も大きく拡がります。英語文化コミュニケーション学科で、その第一歩を踏み出してみませんか?



ページの先頭へ戻る