グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  教員紹介 >  子ども教育学科 >  大里 朝彦

大里 朝彦


Ohsato Tomohiko

所属・職位:子ども教育学科 特任教授
担当科目:時別支援教育概論 他
専門分野及び関連分野:特別支援教育

最終学歴 横浜国立大学教育学部教育学科
横浜国立大学 臨時教員養成課程 病虚弱教育教員養成課程
学位 種類:学士(教育学)
授与大学:横浜国立大学
職歴 相模原市立公立小学校 教諭・管理職
相模原市教育委員会指導課 指導主事・担当課長
相模女子大学教職センター 特任教授
所属学会 日本学校心理士会、日本臨床発達心理士会
相模女子大学子ども教育学会
趣味・特技 ツーリング、お城巡り、映画鑑賞


授業

特別支援教育概論、知的障害教育、肢体不自由教育、病弱教育、情緒障害児の理解と指導法、教育実習(特別支援学校/事前事後指導)、教育実習(特別支援学校)

研究テーマ

特別支援教育
学校経営
授業のユニバーサルデザイン

研究業績

区分 単/共 著書・論文名等 発行所・掲載誌等 発行等年
学術論文以外の文筆活動 共著 地域とともにある学校づくり 2020学校管理職選考
合格論文対策集 p.2.
2019
学術論文 単著 特別支援学級の授業についての考察
-構造化で進める個別の指導-
子ども教育研究11 2019
学術論文 単著 障害児指導における理念についての考察
-図や絵で理解する特別支援教育-
子ども教育研究10 2018
学術論文 単著 特別支援教育における望ましい教育相談のあり方を探る
-発達障害児の母親のアンケートを通して-
子ども教育研究9 2017
学術論文 単著 心理的アプローチによる学校経営2
-学校教育目標を具現化するために-
相模原市立総合学習センター
平成27年度教育研究集録
2016
学術論文 単著 インクルーシブな学校づくりをめざして
-支援教育の理念をベースにした学校経営-
相模原市立総合学習センター
平成26年度教育研究集録
2015
その他 単著 ここを工夫!計画づくりと「合理的配慮の決定(2)」小学校作成の工夫点と合理的配慮」 特別支援教育の実践情報 (通算164号) 2015
学術論文 単著 ユニバーサルデザインの授業を追究する
-授業力向上のアプローチとして-
相模原市立総合学習センター
平成25年度教育研究集録
2014
学術論文 単著 心理的アプローチによる学校経営
-人の気持ちや思いを形にした学校づくり-
相模原市立総合学習センター
平成25年度教育研究集録
2013
その他 単著 実践校長塾
-支援教育の理念をベースにした学校経営(1)(2)(3)(4)-
週間教育資料
No.1206、1207、1208、1209
2013
その他 単著 学校経営に位置づけた特別支援教育の取り組み 現代のエスプリ 529号 2011

社会的評価

  • 新聞掲載(インクルーシブ教育について神奈川新聞社より取材を受け、記事として掲載された(2020年2月16日))

社会活動等

学会活動

  • 日本学校心理士会神奈川支部役員

社会人向け講座

  • 相模原市立小学校の研究・研修の助言・講演(4校6回)
  • 相模原市教育委員会主催の新任校長研修講座の講師(1回12名)

外部委員・審査員

  • 相模原市支援教育ネットワーク協議会委員(会議1回)
  • 神奈川県小・中学校インクルーシブ教育推薦協議会地域連絡部会有識者(会議1回)
  • 平成19年度以来、各教育委員会、研究機関・団体等の研修会講師、委員長・会長、スーパーバイザー等
  • 平成29年度 在住地域の自治会長

受験生へのメッセージ

幼児・児童・生徒・学生が「わかった・できた」ときに見せる笑顔は最高です。この「学びの笑顔」を創出する教員という職業は、多忙で苦労や責任もありますが、それ以上に楽しさとやりがいを感じ、それは生きがいに繋がります。共生社会の実現に向けたインクルーシブ教育の構築に関わる教職をめざしてみませんか。



ページの先頭へ戻る