グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  キャンパスライフ >  国際教育 >  モナシュ大学

モナシュ大学


MONASH University
モナシュ大学(オーストラリア・ビクトリア州メルボルン)

http://www.monash.edu/

MONASH University


モナシュ大学について

モナシュ大学(オーストラリア・ビクトリア州)

モナシュ大学は、1961年に創立したオーストラリア最大規模 の大学で、ビクトリア州内に6つのキャンパス、そしてマレーシア、南アフリカにもキャンパスがあります。学生数は56,000名以上、そのうち約19,000名以上が世界各地から集まった留学生という非常に国際色豊かな大学です。オーストラリアの中でも、現地の優秀な高校生が進学先として選ぶ人気の大学であり、オーストラリアの大学を率いる“Group of Eight”(オーストラリア名門8大学)の1つに選ばれ、国際的にもトップ50に入る大学としてランクされています。

Monash English

留学生はモナシュ大学独自の英語集中プログラムを受講します。レベルは6段階あり、事前に行われるプレイスメントテストによって、自分の英語力にあった受講クラスが決まります。授業は基礎を徹底的に学ぶEnglish Skillsと、より高度な英語力を身につけるためのAcademic Skillsで構成されます。また、学生たちの伸ばしたい部分や苦手部分を強化するために、ADEC(Academic Development and Enhancement Centre)が設立されました。ADECには専門スタッフが常駐し、担任教員と共に学生のみなさんをサポートします。また、様々なWorkshopメニューを受講することができます。滞在はホームステイで、ホストファミリーとの交流を通じて、現地の生活様式や文化を学ぶことができます。

MUELC

モナシュ大学には、MUELC(Monash University English Language Centre)と呼ばれる、語学学校があります。ここには、日本人学生の受け入れに熟練した日本人スタッフが駐在しているため、もしもの場合に安心です。24時間緊急連絡体制、生活カウンセリングなど、充実したサポートを行なっており、安心して留学生活を送ることができます。

ビクトリア州都・メルボルン

モナシュ大学があるメルボルンは、シドニーについでオーストラリアで2番目に大きな都市です。比較的四季がはっきりとしているうえ、ガーデンステートといわれるほど緑豊かな土地でもあり、いたるところに公園が点在しています。2004年には、英国の経済誌「エコノミスト」の関連調査機関EIUにより「世界で一番住みやすい都市」に選ばれています。
経済や文化の発展を意図として積極的な移民受け入れを行ってきた“移民の国”オーストラリア。メルボルンでも多くの人種が生活しています。同時に移民たちが持ち込んだ食文化が多種多様に発展した都市でもあり、母国の郷土料理を披露するレストランが軒を連ねています。
ヨーロッパ的な街並みが残り、異文化の息吹を味わえるメルボルンは、1月にはテニスの全豪オープンなど、世界的な多くのスポーツイベントが行われる場所として有名です。

留学

出願資格

学部生 1年以上在学し、前年度までの在学期数に15単位を乗じた単位数を修得していること。
短大生 1学期以上在学し、在学期数に15単位を乗じた単位数を修得していること。

出願時期

4月、10月 ※募集に先立ち、説明会が行われます

留学期間

半年 ※年2回出発
  • 4月~8月 (出願時期は留学予定の前年10月)
  • 9月~翌年1月 (出願時期は留学予定年の4月)

参加費用30(半年間)

ホームステイ 約135万
※上記費用は、研修費・宿泊(食事付き)・航空運賃・海外旅行保険・ビザ申請費用等を合わせた概算額であり、各種料金の変更や為替変動により費用は大幅に変わる可能性があります。
※上記費用には個人的費用(通学交通費・小遣い・電話代・超過手荷物料金・自由行動時に伴う費用・教材費などの現地諸経費)は含まれていません。

滞在形式

ホームステイ

留学内容

Monash English
留学生はモナシュ大学独自の英語集中プログラムを受講します。レベルは6段階あり、事前に行われるプレイスメントテストによって、自分の英語力にあった受講クラスが決まります。授業は基礎を徹底的に学ぶEnglish Skillsと、より高度な英語力を身につけるためのAcademic Skillsで構成されます。また、学生たちの伸ばしたい部分や苦手部分を強化するために、ADEC(Academic Development and Enhancement Centre )が設立されました。ADECには専門スタッフが常駐し、担任教員と共に学生のみなさんをサポートします。また、様々なWorkshopメニューを受講することができます。滞在はホームステイで、ホストファミリーとの交流を通じて、現地の生活様式や文化を学ぶことができます。

単位認定

留学中に取得した単位は、相模女子大学の単位として上限20単位まで認定可能。

関連資料

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

語学研修

参加資格

全学科学生対象(卒業年次生除く)
※TOEIC300点以上
※PCもしくはタブレットを現地に持参すること

募集定員

20名
※定員になり次第締切りとなります。
※申込人数が少ない場合は催行を中止することがあります。

募集締め切り

2019年11月11日(月曜日)17時00分まで

研修期間

2020年2月4日(火曜日)~3月16日(月曜日)★42日間

参加費用

概算:約58万円
※研修費、旅行費、滞在費等を含む。

滞在形式

ホームステイ

募集説明会※参加必須

※どちらか都合の良い方に参加してください。飲食可です。
時間 場所
第1回 10月1日(火曜日) 12時15分~12時55分 2141教室(マーガレット本館)
第2回 10月2日(水曜日)

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

申込方法

募集説明会に必ず参加し、募集説明会で配付する
  • 参加申込書
  • 健康調査報告書
  • 誓約書
を連携教育推進課に提出してください。申込後、ガイダンスに出席してください。

お問合せ先

連携教育推進課 ※夢をかなえるセンター1階

研修内容

春期英語研修
Monash Englishと呼ばれるモナシュ大学独自の英語集中プログラムを受講します。
授業は毎回アクティブ!決まったテキストは使用せず、学生がたくさん英語を話すことができるよう毎回インストラクターが工夫を凝らします。
  • 事前に行われるクラス分けテストの結果、受講クラスが決定します。
  • 1週間の授業時間数は20時間。1日4時間。
a) 12時間:English Skills 英語基礎
b) 8時間:Academic Skills プレゼンテーションの方法など、より高度で、実践的な英語学習
ADEC (Academic Development and Enhancement Centre)
Monash Englishで勉強する学生たちは、それぞれの目的や伸ばしたい箇所を事前に考え、勉強プランを立てることになっています。それはILP(Independent Learning Plan)と呼ばれていて、学生それぞれが自分のILPを達成できるよう、開設されたのがADEC(Academic Development and Enhancement Centre)です。
ADCEには専門スタッフが常駐し、担当教員と共にみなさんのサポートをします。
ADECには様々なWorkshopメニューが揃っていて、苦手な部分を強化することができます。また様々な英語教材が用意されていて、ADECで充実した自習時間を過ごすことができます。

自習時間の過ごし方

Monash Englishでは、受講生に対し、1週間に5時間の自習を義務付けています。

自習センター(Academic Development and Enhancement Centre)

オーディオ・ビジュアル教材をはじめ、自習を行うための様々な教材が用意されています。 また、スタッフも常駐し、受講生の自律学習をサポートします。

単位認定

研修修了者には、2単位が認定されます。
(修了者=受講クラスにおいて合格点以上の評価を受けた者)

<大学生>
  • 英語文化コミュニケーション学科の学生は全学共通科目2単位または専門教育科目2単位のどちらかを認定。
  • 上記学科以外の学生は全学共通科目2単位を認定。
<短大生>
  • 全学共通科目2単位を認定。


ページの先頭へ戻る