キャリア支援ご案内

何になりたい? どうしたい?
将来のなりたい自分に出会える「キャリア支援プログラム」

2sjttj0000000k10.jpg大学や短期大学部を卒業し、社会に羽ばたいていく学生たち。一般的に就職活動は大学では3年次の後半から、短期大学部では1年次の後半から本格化します。いきなり就職といっても、普段から意識していないとなかなか意欲が湧かないもの。しかし、それではもったいないと思いませんか?
本学のキャリア支援プログラムは、入学時から始まります。「将来どんな自分になりたいか」「何が自分に向いているのか」を早い時期からじっくり考え、"将来について考える姿勢"を身に付けることが目的です。自分のスキルを測定し、1Dayインターンシップなどで見聞を広めることによって、きっと将来のイメージが見えてくることでしょう。これにより、在学中の資格取得や履修計画をしっかりと実行でき、就職も含めた自身のキャリア形成を考えられるようになるのです。就職活動が本格化してからは、就職ガイダンスや就職合宿、模擬面接会などさまざまな指導を行い、学生一人ひとりの夢の実現を支援します。

利用内容

就職 ・企業・求人・OG情報や就職に関する情報誌、問題集を完備しています
・相談・面接練習など指導しています
進学 ・大学院、編入学・専門学校の情報を公開
・指定校制度もあります

利用案内

就職に関する資料・情報がたくさんあります。気軽に来てください。

場所 マーガレットホール1階
受付時間 9:00~17:00(平日)、9:00~12:30(土曜)
※夏休み期間は来室する前に確認してください。
休業日 日・祝祭日および大学指定休日はお休みです。
夏季・冬季休業期間の一部
※上記以外は通常通り開室しております。
お問い合せ [TEL]042-742-1734 [FAX]042-742-1732

キャリア支援課フロアマップ

career_floor.gif※クリックすると拡大します

本学の就職支援対策

学生一人ひとりに合わせた積極的な就職支援サポートを推進

本学では卒業年次生全員を対象に、4月中旬に個人面談を実施。活動状況の聞き取りや個別就職指導を行い、「ひとりで悩まずに気軽にキャリア支援課までお越しください」と声をかけています。また、就職活動の進捗が遅れている学生には、弱点部分の課題克服をめざしたさまざまなフォロー講座を実施。学生の「内定」獲得に向け、担当職員や就職専門カウンセラーが一丸となって、積極的な就職活動支援を実施しています。

「自分の課題がよくわかる!」と好評のフォローガイダンス

就職活動で停滞している卒業年次生を対象に、就職専門カウンセラーを招き、「自分の課題を見つけ今後の就職活動につなげよう」と題したフォローガイダンスを行っています。「面接試験対策編」「グループディスカッション編」などを通し、学生たちは自分自身の課題を整理・研究することで、就職活動に対する意識を高めていきます。「今後の就職活動に向けて新たな気持ちで頑張ることができる」と人気の講座です。

就職問題に関する懇談会を開催

保護者を対象に、現在の就職状況・求人情報・本学の取り組みを伝える機会を設けています。懇談会では、希望に応じて就職専門カウンセラーや担当職員との個別相談も実施しています。参加者からは「よく話を聞いてもらえて満足しました」「子どもの考えがわかりました」と好評です。

学内合同企業説明会や地元企業の情報収集会を展開

大学4年次・短期大学部2年次を対象に、企業の業種や業務内容を広く理解することを目的として、採用担当者を招いた「学内合同企業説明会」を実施しています。20社以上の企業が集まるこの説明会には、多くの学生が参加しています。また、地方出身学生を対象として、在学生の出身都道府県職員の方から、各地の就職状況を聞くことができる場を設けています。地方と首都圏の就職状況を知ることで、より広い視野で活動ができるよう支援しています。

長期休暇を利用し、インターンシップを実施

就職活動がスムーズに行えるよう、夏は1~3週間程度のインターンシップ、就職する意識を高める1Dayインターンシップを行っています。さらにそれぞれのインターンシップ実施前には、参加希望者全員に対してマナー講座を開講し、礼儀作法や社会に出ることへの意識付けを行います。

卒業生の方へ

卒業生も、キャリアカウンセリングを受けることや、本学独自の就職サイト「さがみナビ」を継続利用することができます。このさがみナビから希望する職種や勤務地の求人が自動配信されます。継続利用には、本人確認と申請書が必要となりますので、キャリア支援課にて手続きをお願いします。


関連リンク