安全への取り組み

安全への取り組み

防災ハンドブック

2011年3月の東日本大震災をふまえ、防災ハンドブックを作成しました。とくに登下校中に災害に遭ってしまった場合を想定し、その場所に合わせた対処の仕方、駅ごとの広域避難場所を表す地図を1冊にまとめ、携行させています。また、地震への備えだけではなく、交通安全や水難防止など、外部からも専門家を招いて安全教育を実施しています。

緊急時対応・eメッセージ

緊急時に備えて、住んでいる地域ごとに緊急下校班をつくっています。低学年の子どもたちも、地区のお兄さん・お姉さんの顔や名前を知ることができ、安心して登下校ができるように工夫しています。

「eメッセージ」という一斉連絡システムを導入しています。緊急時の連絡が、携帯電話や自宅用パソコンに、迅速にメールで届くようになっています。児童の携帯電話の所持については、機種を限定して認めています。

学園のセキュリティー対応

相模女子大学は、安全対策として、学園全ての出入り口に警備員と監視カメラを配置し、来訪者をチェックしています。警備員は、24時間複数体制で常駐し、学園内を定期的に巡回、教員だけでなく、学園全体で子どもの安全を見守る体制をとっています。また、学園自体が相模大野周辺の広域避難場所に指定されているため、震災などに対応できる備蓄品もしっかり整っています。

PAGE TOP