命をまもる安全教育

命をまもる安全教育

大きな災害から身を守る「防災教育」

小学部では、子どもたちが災害に巻きこまれたときに、どのように対処するべきかを考えさせるため、防災教育に力を入れています。とくに、東日本大震災のような大規模災害を想定して、避難訓練を年3回実施。また、登下校中の対応を考え、災害にあった場合の対処のしかた、通学路の各駅やバス停ごとの広域避難場所の地図をハンドブックとして作成し、子どもたちが自分の身を守れるように指導をしています。

自分の命は自分で守る「防犯安全教育」

身近な危険に対処できるよう、消防署の方を招いて火事が起きた場合の対処方法を学んだり、警備会社の方を招いて町の中に潜む危険を考えたりしています。また、自分の身を守るだけでなく、ライフセーバーの方から、海でおぼれている人を救助する方法や、心肺蘇生法を教えてもらうことで、人命救助の必要性についても考えを深めています。

自分の命は自分で守る「防犯安全教育」

PAGE TOP