学習の基礎作り

毎日受けたい授業がある

学習の基礎作りは、まず充実した授業にあります。子どもたちが主体的に学習課題に取り組み、話し合い活動を通して、価値をつかむことができるように授業内容を工夫しています。このような授業を通して、「学ぶことが楽しい」と子どもたちに感じてもらうこと、それが「毎日受けたい授業」です。学ぶことが楽しいと感じることこそ、学習の基礎なのです。

毎日受けたい授業がある

「クリアー」で基礎学力の定着

毎日20分間の基礎学習タイム「ベルトタイム」を設け、漢字力の定着を図っています。漢字の学習は、成り立ちや筆順、熟語、短文作りなどを学習し、学年末には全員で漢字能力検定試験に挑戦しています。合格率は年々上昇し、優秀団体賞を連続受賞するなど、優秀な成績を収めています。

「クリアー」で基礎学力の定着

「ベルトタイム」を通して漢字検定に挑戦

学力の定着を図るためには、ドリルを用いた繰り返し学習がとても効果的です。そのために、「毎日学習プリント・クリアー」を発行しています。「毎日学習プリント・クリアー」は名前の通り、毎日発行される宿題のプリントで、表面は算数、裏面は国語となっています。算数は、その日に学習した内容の定着を図る問題、計算のトレーニング的な問題、過去の学習の復習問題などで構成され、国語は漢字検定に向けてのドリルとなっています。

「ベルトタイム」を通して漢字検定に挑戦

PAGE TOP