News&Topics

課外活動奨励賞の表彰が行われました

2019/04/24

20190418_hyousyou.jpg4月4日(木)に挙行された入学式において、2018年度中の課外活動において顕著な活躍をした学生および団体に贈られる「課外活動奨励賞」の表彰が行われました。表彰内容は以下のとおりです。

表彰項目 氏名・団体名 所属学科 表彰内容・理由
課外活動奨励賞(個人) NGUYEN TRAN ANH THI
(グェンチャン アンティ)
英語文化コミュニケーション学科 大学開催の「織姫祭」の委員長をはじめ、「Kids' Book Project」の副リーダーとして、「相生祭」や「さがまちカレッジ」で子どもに英語を教えた。ブラジルのオリンピック選手団(女子バレーボール)の通訳ボランティアや 本大学の「発想コンテスト」の準グランプリ(2017年)・入賞(2018年)、オープンキャンパス学科企画の学生スタッフといった本大学や社会貢献をしながら、空港で働くグランドスタッフを目標とし、TOEICで高得点の成績を収め、積極的な学習や活動の姿勢が高く評価された。
平岡 美彩セーラ 英語文化コミュニケーション学科 「Kids' Book Project」では子どもたちの外国語学習を支援し、「Kids' Summer School」と「さがまちカレッジ」では子どもたちに英語を教える活動をした。ブラジルのオリンピック選手団(水泳チームと女子バレーボール)の通訳ボランティアやオープンキャンパス学科企画の学生スタッフといった本大学や社会貢献をしながら、フライトアテンダントを目標とし、TOEICで高得点の成績を収め、英語力の向上にも努める姿勢が高く評価された。
課外活動奨励賞(団体) 観光地域活性化活動チーム 英語文化コミュニケーション学科

2018年度より北陸地方をはじめとする地域貢献活動を行ってきた。全国エコツーリズム学生シンポジウムのテーマ「消滅可能性自治体からの脱却―富山県朝日町の地域の暮らしのエコツアー化の実証実験―」が全国33大学からの応募から口頭発表枠8大学に選出され、協賛の日本航空より招待され滋賀県にて口頭発表を行った。また、さがまちコンソーシアム「町田の魅力を再発見!ツーリズムプランコンテスト」において「はなだ!なつだ!まちだ!~ひまわり町田の大冒険~」というテーマで最優秀賞を受賞した。受賞内容は、町田市の薬師池公園を夏に一面お花畑にし親子で楽しもうというアイディア企画となる。2018年度さがみ発想コンテストにおいて、チームメンバーが、ファイナリスト6名に残り入選となった。それぞれの取り組みにおいて、チームメンバーは地域貢献活動及び地域での調査・フィールドワークを行い、地域活性化の提案を学術的かつ実践的な内容に高めたとして高く評価された。

地域活性化研究チーム 英語文化コミュニケーション学科 神奈川経済同友会実施「神奈川産学チャレンジプログラム」に応募し、株式会社横浜銀行から提示されたテーマである「地域金融機関としてふさわしい100周年記念事業の企画・立案」に取り組み、最優秀賞を受賞した。また、横浜銀行の顧客に対し、法人から個人まで広く聞き取り調査を行い、顧客要望をまとめた。さらに、全国との比較における神奈川県の女性就業率の低さや、女性のSDGsに対する認知度の低さなどを考慮し、「YWE(Yokohama Bank Women Entrepreneurs)100」というトーナメント形式の女性起業家ビジネスコンテストを提案した。このような取り組みは、本学の教育重要点である「発想力」の発揮され、高く評価された。
Kids' Book Project -

2017年より子どもたちの外国語学習支援を目的とし、バイリンガル電子絵本の制作やイベント企画と実施を行なってきた。電子絵本制作は、英語と日本語をはじめ、マレー語、韓国語、スペイン語も制作した。世界中の子どもたちが利用できるようにAppleブックストアにて、無料配信が可能な51ヶ国を対象に、9タイトルを配信し、電子絵本のダウンロード数は、20ヶ国で3000以上となった。さらに、地域貢献として、幼児から小学生を対象に「さがまちカレッジ」での英語教育の特別講座、相生祭でのワークショップの開催などを実施。子どもの外国語教育に国内外問わず貢献したことを高く評価された。

『都市づくりニュース』取材・編集チーム メディア情報学科 「神奈川県東海道新幹線新駅設置促進期成同盟会」で、加盟10市町の魅力を広く伝え、新駅設置の気運を高めるための特別号を本学学生が担当した。10市町への取材と原稿作成や編集と紙面のレイアウトデザインの作成を、神奈川県と10市町の調整協力を受けながら行った。神奈川県の広域にわたる公的な事業に関わり、本学の地域連携活動として学内のみならず学外からも評価された。
チーム西山 健康栄養学科 「神奈川産学チャレンジプログラム」で、ウエルシア薬局株式会社より提示された「ウエルシア薬局を一兆円企業に押し上げる新サービスの提案」というテーマで優秀賞を受賞したことが高く評価された。