News&Topics

【入試】2021(平成33)年度入学者選抜に係る予告について

2019/03/29

相模女子大学では、文部科学省が進める高大接続改革の検討状況を踏まえ、2020(平成32)年度に実施する2021(平成33)年度入学者選抜を以下のとおり変更いたします。
なお、今回公表する内容は現時点のものであり、その他の詳細内容や変更等については、決定次第本学ホームページ等で公表する予定です。


【2021(平成33)年度入学者選抜について】

1.学力の3要素の評価 すべての入試区分において、次の学力の3要素を評価します。
①「知識・技能」
②「思考力・判断力・表現力」
③「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」

2.入試区分の変更について
入試区分の名称について、多面的・総合的な評価の観点からの改善を図りつつ、各々の入学者選抜としての特性をより明確にする観点から次の通り変更いたします。

変更前 変更後
AO入試 総合型選抜
推薦入試 学校推薦型選抜
一般入試 一般選抜

3.調査書の活用
学力の3要素を評価する観点からすべての入試区分において、調査書を合格者の判定に活用します。
 

4.一般選抜における記述式問題の出題
一般選抜の個別学力検査では、「知能・技能」に加え「思考力・判断力・表現力」を評価する記述式問題を出題します。
 

5.英語の外部検定試験の活用
英語の4技能(「読む」「聞く」「話す」「書く」)を適切に評価するために、一般選抜において英語の外部検定試験(認定試験)を活用するとともに、大学入学共通テスト択一式問題の英語試験(リスニングを含む。)も併用します。

6. 大学入学共通テストについて

大学入学共通テストを一般選抜における合格者の判定に活用し、択一式問題に加え記述式問題も評価の対象とします。


[入試課]