News&Topics

【学生支援】在学生を対象にノートテイク講習会を開催しました

2019/02/08

20190204nototake_01sp.jpg 2月4日(月)、希望する学生を対象にノートテイク講習会を開催しました。ノートテイクとは筆記通訳のことです。
聴覚障がいの学生が授業内容をより理解できるよう、授業中に先生や学生が話をしている言葉を2人1組でノートに書いてサポートします。
ノートテイクをする人をノートテイカーと呼んでいます。このノートテイクのボランティアを希望する学生たちがノートテイカーとして活動できるよう講習会を開催しています。

20190204nototake_02sp.jpg 講習会では、講師からノートテイクの基礎知識やルール、要約して書く方法などの指導を受け、演習を行いました。また、講師が日頃どのようにノートテイクをしているのかを実演していただきました。

午後からの座談会ではノートテイクを利用している学生たちも参加して、ノートテイクがない場合の苦労などを聞きました。先輩ノートテイカーも座談会に参加し、難しいけれども続けてきた体験を話してくれました。受講した学生からは、「初めてノートテイクというものを知った。もっと多くの人に知ってほしい」等の感想が聞かれました。

本学では、聴覚障がい学生の学修支援充実のため、今後も継続してノートテイク講習会を開催していきます。来年度も開催予定です。詳細は掲示等でお知らせします。一人でも多くの学生のみなさんの参加を期待しています。

[学生支援課]


関連リンク

関連記事