News&Topics

【産学官連携】生活デザイン学科『株式会社オウミ「板金技術で作る日常を便利にする生活雑貨」デザインプロジェクト』を開始しました

2018/06/06

20180604_speaker01.jpg 生活デザイン学科では、今年も横浜市工業技術支援センターとの産学官連携デザインプロジェクトを、株式会社オウミ様と共に実施します。

6月4日(月)、本学にて産学官連携プロジェクトのキックオフオリエンテーションが行われました。 風間学長の挨拶から始まり、横浜市工業技術支援センター長の岡部様からは産学官連携の趣旨を含めたご挨拶を、自動車部品・機械用板金部品などの製造を行っている株式会社オウミの代表取締役社長 中島様からは、企業概要とプロジェクトに対する期待などについてお話しいただきました。

横浜市工業技術支援センターとの産学官連携デザインプロジェクトは今年で9回目となり、センター長の岡部様からは、「若い感性あふれる感覚を活かしてデザインを考えていただきたい。また、使う人の立場に立ったり、環境など状況に配慮したデザインを考えていただければなお良質なものづくりができるでしょう。」と期待を寄せたメッセージを送られました。
また、風間学長からは「実際に商品化するものづくりを体験するという貴重な機会に、企業の方とコミュニケーションを密にして、そこからいろいろなことを学んでいただきたい。」と、学生たちへ向けてエールを込めたメッセージを送っていました。

プロジェクトに参画する8名の学生たちはこれからテーマや方向性を考えて、コンセプト決定へ向けて進めていきます。

20180604_speaker02.jpg20180604_speaker03.jpg 20180604_speaker04.jpg

プロジェクト概要
プロジェクト名 株式会社オウミ「板金技術で作る日常を便利にする生活雑貨」デザインプロジェクト
連携先 株式会社オウミ
横浜市経済局 工業技術支援センター

関連リンク

関連記事