News&Topics

【日本語日本文学科】第43回卒業制作展を開催しました

2018/01/22

20180116_01.JPG1月15日(月)~21日(日)、相模大野ギャラリーにて第43回日本語日本文学科卒業制作展(書作展)を開催しました。
5名の学生が、これまでの学びの集大成となる、臨書、調和体、創作、そして共同作品を書き上げました。

数千字にも及ぶ大作となる古典臨書作品(原寸全臨)、母への想い、美しい情景などを表現した調和体、言葉への共感を文字の連綿や墨の潤渇、紙面構成にも気を配り書いた創作と、個性豊かな作品が並びました。

共同作品は、相模女子大学のスローガンである「見つめる人になる。見つける人になる。」をテーマに、「目」「相」「観」「視」「鑑」をそれぞれ選び、文字が持つ「みる」の意味と自らの今とこれからを見つめ、抱負をしたためました。

ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。

20180116_02.JPG 20180116_03.JPG 20180116_04.JPG


関連リンク