News&Topics

【学生生活】クラブ・委員会の代表学生を対象に護身術・応急手当講習会を開催しました

2017/08/02

20170801_01.JPG 相模女子大学では合宿等が増える夏休み前に、クラブ・委員会の代表学生を対象に護身術・応急手当講習会を行っています。今年は8月1日(火)に開催し、83名が参加しました。
まず、保健センターから、熱中症予防と応急手当、傷の手当て、救急箱の準備などの指導がありました。捻挫のときの固定の仕方や熱中症のときのからだの冷やし方などの実技もあり、受講した学生たちは「実際にからだを冷やすところを見ることができて、とてもわかりやすかった」と感想を述べていました。

20170801_02.JPG次いで、神奈川県相模原南警察署および相模原市消防局南消防署のご協力を得て講習を実施しました。
まずは、警察の方による護身術の指導を受けました。普段から犯罪に巻き込まれないように、夜間に人通りの少ない道を歩かない、歩きながらイヤフォンで音楽を聴かないなどの指導を受け、簡単にできる護身術について実技を交えて学びました。受講後には「護身術の実技指導は本で学んだものよりも分かり易く、とてもよかった」「これまでイヤフォンで音楽を聴きながら歩いていたが、今後はやめます」という学生もいました。

最後に、南消防署の方から心肺蘇生法とAEDの使い方などの指導を受けました。「以前、上級救命講習を受けていたのだが、思っていたよりも覚えておらず再確認できてよかった」と感想を述べた学生もいました。

今回の講習会は、受講した学生たちにとって貴重な体験となりました。

[学生支援課]


関連リンク