News&Topics

【生活デザイン学科】加藤芳夫客員教授による授業を行いました

2017/05/11

20170502_katoh_01.jpg 5月2日(火)8号館812教室にて、加藤芳夫客員教授による授業を行いました。

今回の授業のテーマは『卒業制作と就職活動』。加藤客員教授は、何事にも前向きにチャレンジすることが失敗や自分の弱みといったマイナスをプラスにすることに繋がることを、ご自身の学生時代や就職活動、そしてディレクターとして社会の第一線で活躍された経験から得たエピソードを交えて学生に話してくださいました。
また、人間は「やりださない」と「やりたくならない」生き物なので、何からやり始めるか考えるよりもちょっとしたことで構わないからまずやり始めることが重要であること、仕事とは人の役に立って喜んでもらうことであり、自分の能力を人に使ってもらって周りの人が楽になる、その姿を見て喜ぶことが「はたらく(はたが楽)」ということであるなど、仕事を通じて学んだ様々なことを学生に伝えてくださいました。

これから卒業制作や就職活動に取り組む学生にとって、具体的なイメージを描いて行動するために非常に参考になったことと思います。

20170502_katoh_02.jpg 20170502_katoh_03.jpg 20170502_katoh_04.jpg


関連リンク