News&Topics

【地域連携】「海外に子ども用車椅子を届けよう!」プロジェクトのメンバーが日光国立公園マウンテンランニングの大会運営に参加しました

2016/11/28

20161128-main.jpg11月13日(日)に『海外に子ども用車椅子を届けよう!』プロジェクトのメンバーが、日光開山1250周年記念行事として日光市で開催された「日光国立公園マウンテンランニング Nikko National Park Mountain Running」に、大会運営委員の手伝いと模擬店に参加しました。

日光の伝統文化である天然の氷を伝えるために、毎年、相模大野で開催される「もんじぇ祭り」で天然のかき氷を販売していることから、日光市の方々からこの話を頂きました。国立公園で世界遺産を利用した大会は、多くの困難を乗り越え今回の開催になったことから大変価値ある大会であり、多くの参加希望の中から選ばれた500人の選手が参加しました。

学生は前日から日光入りし、模擬店の店舗づくりから自分たちの手で行いました。当日は4時起床で、運営側は選手の登録手続きや完走した選手に振る舞う手打ちそばのブースで受付業務などを行いました。模擬店担当者は、NPO法人の車椅子メンバーのグエンさんをはじめ多くのベトナム人の協力で、ベトナム料理のフォーとベトナムコーヒーを販売しました。国際色豊かで多くの観光客の方々と触れ合う中で、無事、大会を終えることができました。模擬店の売り上げは、子ども用車椅子をカンボジアに送る活動費になります。

20161128-2.jpg20161128-3.jpg20161128-4.jpg


関連リンク