News&Topics

【地域連携】金子修介教育・文化顧問によるシネマ&トーク(上映:「青いソラ 白い雲」ほか)を開催します[7/1・金]

2016/06/01

2015年4月に文化振興に関わる連携協定を締結した公益財団法人相模原市民文化財団との共催で、7月1日(金)、映画監督で本学の教育・文化顧問の金子修介氏によるシネマ&トークを開催します。

今回は、金子修介氏の作品の中から、5年前の東日本大震災を振り返って、震災で飼主を失った犬と少女の絆を描いた「青いソラ白い雲」と、震災5か月後の一日を描いた映像詩「Living in Japan」を上映し、その後に同じく映画監督の佐藤太氏をゲストに迎えて、金子修介氏と語りあっていただきます。

「青いソラ白い雲」は、震災直後の2011年6月に撮影が行われ、震災を最も早く映画化した作品です。また、主演の森星さんのデビュー作ともなった作品です。上映の機会が少なく、貴重な作品である「Living in Japan」もあわせて上映しますので、ぜひ皆様のご来場をお待ちしております。

開催概要

日時 7月1日(金) 18:00開場 18:30開演
会場 相模女子大学グリーンホール 多目的ホール
内容

上映:「青いソラ白い雲」「Living in Japan」
トーク:金子修介氏と佐藤太氏による映画制作秘話

入場整理券 ※本イベントの入場には整理券が必要です。
[入場整理券について]
配布日程:5月18日(水)8:30~ ※お1人様2枚まで
配布場所:相模女子大学グリーンホール、相模原南市民ホール、おださがプラザ
備考 共催:相模女子大学、公益財団法人相模原市民文化財団
協力:相模女子大学学芸学部メディア情報学科
お問合せ 相模女子大学連携教育推進課 社会連携推進室
TEL 042-747-9563

金子修介氏プロフィール
映画監督、相模女子大学教育・文化顧問
映画『デスノート』『百年の時計』、TVドラマ『おそろし-三島屋変調百物語』など作品多数。日本を代表する映画監督の一人。

佐藤太氏プロフィール
映画監督
金子修介監督作品『ガメラ 大怪獣空中決戦』『ガメラ2 レギオン襲来』で監督助手を務める。短編映画『デートトレイン』で注目され、『インディアン・サマー』で長編劇映画監督デビュー。TVでも『ウルトラマンマックス』『マジすか学園』などを演出。7月に新作映画『太陽の蓋』公開予定。


関連リンク

関連記事