News&Topics

【地域連携】第4回シーフードコンテスト浜の市場で銀賞・銅賞を受賞しました

2016/02/12

20160212_seafood_contest_01.jpg

昨年11月28日(土)に横浜市中央卸売市場本場にて開催された、第4回シーフードコンテスト浜の市場において、本学管理栄養学科の学生チーム「サガミおさかな愛好会」が銀賞を、「お魚推進委員会」が銅賞を受賞しました。

このコンテストは、「魚介類を使用した手軽でおいしい『Bento(弁当』」をテーマに、本学を含む神奈川県内の大学・専門学校7チームの学生が参加し、腕を競い合いました。受賞した弁当のおかずのレシピは、横浜中央卸売市場にてレシピブックを作成し、広く市民に配布される予定です。

◆銀賞:サガミおさかな愛好会「汐彩弁当」
【学生のコメント】
20160212_seafood_contest_02.jpg短期間の中でこのお弁当を考案し、調理の練習を重ねてきました。コンテスト前日も練習をしました。作業工程表や、アピールポイントを作成したり、今できることをやりつくそうという気持ちでした。おかずの工夫点は当日の会場で、作成してきたアピールポイントを持ちながら審査員の方々の前でお話しさせていただきました。会場では、電子レンジのワット数や、コンロの火加減など練習とは異なる点で様々なトラブルがありましたが、練習してきた成果もあり冷静に臨機応変に対応することができました。今回銀賞をいただけたのは様々な方々の支えがあってのことだと思います。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。この結果が来年の後輩たちの参加にもつながればいいと思っています。

◆銅賞:お魚推進委員会「うみのなかまたちとなかよしべんとう☆」
【学生のコメント】
20160212_seafood_contest_03.jpgコンセプトに合うお弁当を短い時間の中で考えるのが大変でした。また、お母さんが朝手軽に作れるように、作業手順の少ないおかずを考えるのに試行錯誤しました。そして、幼児が食べるということを考え、素材の味を生かしつつ、幼児が好む味付けになるよう何度も調節し、さらに時間内に調理を終わらせなければならなかったので、何度も練習をしました。短い期間でしたが、さまざまな魚料理を調べ、作ることで魚料理のレパートリーが広がりました。来年は相模女子大学が金賞をとってくれることを期待しています!!


関連リンク