News&Topics

【生活デザイン学科】「反射材エキシビション2015」にて作品を展示しました

2015/10/02

20151002_hansha_exh.jpg9月11日(金)、生活デザイン学科の学生が反射材を使ってデザイン・制作した衣装作品が、一般社団法人日本反射材普及協会が主催する「反射材エキシビション2015」にて展示されました。

反射材は、光源に向かってそのまま反射する特殊な性質を持つ交通事故防止に非常に有益な素材です。このような素材特徴を活かした「安全性」と、デザインとしての美しさの「審美性」、この両方を兼ね備えたデザインとなるよう学生達が悪戦苦闘しながら取り組んだ作品です。展示会場では、矩形を用いたカラフルな色使いで人目を引き好評でした。
※右上写真:反射材エキシビション2015(上写真:通常時/下写真:反射時)

20151002_hansha_bono.JPGまた本作品の一部は、9月27日にボーノ相模大野にて開催された秋の全国交通安全運動のイベントでも展示発表され、地元の皆様にも観て頂けました。

この衣装は、11月3日の相生祭や12月20日の伊勢丹相模原店で開催されるファッションショーにも出演します。衣服は着装することにより、動きによる表情変化が生まれ輝きます。
学生モデルや幼稚部のキッズモデルが実際に着装した姿を是非観に来て下さい。

[生活デザイン学科]


関連リンク

関連記事