News&Topics

【人と食をつなぐ未来プロジェクト】EKS食育プロジェクトが小学部で6年生の授業を行いました

2015/07/07

「人と食をつなぐ未来プロジェクト」の社会貢献の実践活動の一環として、栄養科学部 管理栄養学科 栄養教育学研究室(担当教員 吉岡有紀子)の学生を中心に小学部の全学年児童に向けて食育の授業が行われています。この小学部での食育は、「つなぐ手・EKS(栄養・科学部・Sisters)食育プロジェクト」と言われ、各学期に実施されています。

今回は6年生を対象に7月1日(水)に実施した授業の模様をご紹介します。

20150701_eks_6_01.JPG

小学部で行う食育は、1年生から6年生までの6年間を通して順序良く「食」についてを学び、6年生はその総まとめとして献立を考えます。今年は組ごとに複数の班に分かれて献立を考え、それぞれの組の中で投票により選ばれたメニューが、各学年・各組のお弁当給食として提供されます。

20150701_eks_6_02.JPG

今まで学んできたことを思い出し、「食べる人にぴったりなスペシャルランチであること」「6年生だからできる、下級生や先生がたにぴったりなスペシャルランチであること」というコンセプトを基に、ルールに従って主菜・副菜を選び、スペシャルランチのテーマとアピールポイントを考えます。
20150701_eks_6_03.JPG食材全体の色合いバランスまで考え、選んだ献立とテーマが合っているかを再考してランチの名前を決定し、料理名・料理を選んだ理由・ランチの設計図などをポスターにまとめます。児童たちはEKSメンバーから助言を受けつつ、仲間たちとのメニュー考案に真剣に取り組んでいました。

その後、小学部の廊下に2日間掲示し、投票を行い、投票の結果、今年度のスペシャルランチは1組「The 肉ランチ」、2組「ザ・アジア弁当」、3組「虹色ランチ」に決まりました。選ばれたスペシャルランチについては、2学期のお弁当給食提供の記事にてご紹介する予定です。
今後も、EKS食育プロジェクトの活動にご期待ください。


関連リンク

関連記事