News&Topics

【産学官連携】生活デザイン学科『株式会社オウミ「板金の椅子」デザインプロジェクト』を開始しました

2015/06/16

201506015_bankin_P_01.JPG

生活デザイン学科では、今年も横浜市工業技術支援センターとの産学官連携デザインプロジェクトを、株式会社オウミ様と共に実施します。

6月15日(月)、本学にて産学官連携プロジェクトのキックオフオリエンテーションが行われました。
風間学長の挨拶から始まり、横浜市工業技術支援センター長の山内様から産学官連携の趣旨を含めたご挨拶を、自動車・トラックの製造を行っている株式会社オウミの代表取締役 中島様からは、企業概要とプロジェクトに対する期待などについてお話しいただきました。

201506015_bankin_P_02.JPG

横浜市工業技術支援センターとの産学官連携デザインプロジェクトは今年で6回目となり、センター長の山内様からは、「今までのプロジェクトから、相模女子大学の学生の作品のイメージは柔らかさや温かさですが、今回は板金という堅いもののデザインなので、どのようなアイディアが出てくるのかとても楽しみです」と非常に期待を寄せてくださっていました。
また、風間学長からは「『デザインで生活を豊かにする』ことを目標に日々取り組み、このような機会から様々なことを学んでほしい」と、学生たちへ向けてエールを込めたメッセージを送っていました。
学生たちはこれから、次のテーマチェックへ向けてコンセプトを決定へと進めていきます。

プロジェクト概要
プロジェクト名 株式会社オウミ「板金の椅子」デザインプロジェクト
プロジェクト内容 自動車の製造などに使用する金属素材「板金」を利用した椅子のデザイン提案
連携先 株式会社オウミ
横浜市経済局 中小企業振興部 工業技術支援センター

関連リンク

関連記事