News&Topics

【地域連携】展示会「私たちの見た岩手・宮城 ~始動、東北~」を開催します[6/20、21]

2015/06/03

復興から4年、もう一度考える東北

20150620_ohfunato_exhibition.jpg

相模女子大学では、学生が地域と連携しながら、東日本大震災被災地での継続した復興支援活動を行えるように、2013年8月、”学生有志による復興支援学生ボランティア委員会”を設立しました。
6月20日(土)、21日(日)の2日間、ユニコムプラザさがみはらを会場に、定期的に訪問している被災地の復興状況を伝えるための展示会を開催します。3回目となる今年は、近隣の桜美林大学の学生に参加を呼びかけ、共同で開催することになりました。ぜひご来場ください。

開催概要

タイトル 私たちの見た岩手・宮城 ~始動、東北~
会 場 bono相模大野サウスモール3階・ユニコムプラザさがみはら マルチスペース
内 容 ・岩手県大船渡市、宮城県仙台市の復興状況パネルの展示
・仮設住宅で行っている俳句交流活動の紹介
・学生による活動報告や座談会の開催
・地元の食材を使った商品の試食会 など
日 程

6月20日(土)、21日(日)
10:00~18:00

入場料 無料
備 考 主催 相模女子大学復興支援学生ボランティア委員会、桜美林大学サービスラーニングセンターボランティア(SLC-V)
後援 相模女子大学 桜美林大学
~相模女子大学復興支援学生ボランティア委員会 委員長コメント~
「私たちが実際に訪問している岩手県や宮城県の今を伝える展示会で、写真展示や学生による発表・座談会のほか、試食会も用意しています。私たち学生と一緒に考えませんか。東北のこと、未来のこと。」

関連リンク

関連記事